【感想・ネタバレ】人事屋が書いた経理の本 のレビュー

価格 1,281円 (税込)
  • 無料サンプル
  • ブラウザ試し読み

  • アプリ試し読み

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2015年12月12日

経理や簿記を知らない人が読んでもすごく分かりやすい。損益分岐点の見方やB/SやP/Lのつながりがよくわかる構成になっている。決算書の読み方の入門書としてはとてもいい。これが昭和50年代の本とは思えない、今読んでも面白い。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年08月30日

会社で仕事をする人が、知っておくべき経理のしくみが、やさしく解説されている。自分の持ち場で、日々どう努力すればいいのかが、理解できる。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年03月29日

これ書かれたのは、今から、約30年前。印刷の質は悪い。
けれども、簿記とか財務諸表を読む本など色々、漁ってきましたが、これが一番!
目から鱗とはこのことです。
感覚的に分かりやすかったです。

章立ても秀逸。

F=mPQの見極めとか、そこから導き出される戦略とか、バランスシートの見方のと...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年12月30日

戦略会計STRACを知る上で、まずはじめに読む本。

STRAC自体は2年前に知るのだが、改めて詳しく見ていこうと思い購入。

読んでいていつも思うのだが、他の会社では活用されているのだろうか。

ウチの会社でも使ったらどうかと思う今日この頃。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2010年01月24日

わかりやすい!
損益分岐点は固定費から計算
・B/Sのポイントは、
 ①純資本/総資本 高いほど自由にできる金があるということで健全
 ②当座資産(流動資産-棚卸資産)/流動負債
  平均70%

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年10月04日

・採算の眼
 -損益分岐点公式mpQ=F 付加価値と固定費が等しい
 -mpQ=Fを変化させることで会計表のさまざまな状態を見る
・採算戦略の眼
 -mPQ(付加価値)アップ戦略
 -F(固定費)ダウン戦略
 -経営とはF/mPQ
・B/Sの眼
 -左側=目に見えるもの=資産
 -右側=目に見えない...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年10月04日

この本を読んで私は「会計の使い方」がわかりました。

MGや戦略会計を作られた
西順一郎先生がプロデュースした本で
初版は1978年とかなり昔なんですが
内容は全く古さを感じません。

私が税理士試験の勉強で学んだのは
制度会計という
外部に報告する為、あるいは税金の申告のため
のものでしたが

...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年10月07日

簿記・会計について、とてもわかりやすく書いてある。ベニスの商人のはなし(借り方:貸し方)。B/S右側(目に見える方):左側(目に見えない方)の解説は秀逸。マトリックス会計については分かりにくかった。

?会計とはフローとストックの関連を掴む事だ。
?簿記の最終目的は、B/SとP/Lを作る事。
?B/...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年04月29日

ファイナンスの専門家ではない、社員教育セクションの人が書いた本。
そもそもファイナンスについての社員教育を選定している際に出会った考え方らしいが、非常によくできていると言うことで出版されたらしい。
1978年に出版された本だが、ファイナンスの基本は変わらないので私のようなファイナンス業務に関わってい...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年06月18日

多少は経理知識が必要だが、財務諸表を作るためではなく、意味を読み解いて判断するために必要な考え方が身につきそう。実際に研修を行った人にはかなわないかもしれないが、いくつかのB/Sや、P/Lを読み解きながら、それぞれにどのように関係しているかを解説している点も良い。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年05月11日

財務会計の本。かなり昔の本。
簿記の知識がなくても財務諸表についてわかるようになる。
が、簿記の知識はあったほうがより理解できる。
企業研修の資料をベースにしているので、読み物としてわかりにくい部分がある。
あと、挿絵や図がそうとう古臭い。
ビックリするレベル。研修資料感満載。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年05月08日

財務会計、管理会計ではなく、戦略会計(STRAC)という考えを提示した上で、P/L、B/Sを読む際のポイントを説明した本です。
経営の本質をF/mPQ(固定費÷限界利益)と説いた上でP/Lの読み方を解説したり、B/Sを「上半身」と「下半身」に分けた上で、当座比率と固定比率を解説したりしており、非常...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年04月11日

採算の目や固定費回収パワーなど、経理を知る上で必要な要素を把握することができます。古い書籍ですが、十分活用できます。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年11月24日

かなり昔に書かれた本で、印刷も悪い。
しかし、内容はまったく色あせていないだけでなく、非常にわかりやすい。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2010年05月08日

協和醗酵工業(株)がすべての社員に基本的な経理の知識を会得させるために実施した社内教育の資料に基づいた本です。

一般的な作法から外れた独自の会計理論を使った説明は会計の基本であるB/S, P/Lの財務諸表を感覚的に把握するスキルを簡単に身に付けさせてくれました。

1978年に発行され、現在までに...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2010年05月04日

会計の話がとても分かりやすく書いてあって驚いた。

特に損益分岐点の計算式やB/Sの捉え方などは、非常に参考になった。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年10月04日

名前からすると人事分野&経理分野の融合かと思いきや、
内容は会計の本。

最初の方にも書いてあるけど、教育畑の人たちが、
ビジネスパーソンに必須な知識である会計を
より多くの人に理解してもらおうと腐心して書かれている。

ただ研修を企画・運営するだけでなく、
研修内容にも踏み込んで自ら学ぶと言う姿勢...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年10月04日

PLはよく理解できたがBSが仕事で扱わないのでピンとこない。なんとなく分かるのだが、やはり仕事で実践しないからぼやーっとした感じになっている。のでまたいつかBSの部分だけ読もう。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年10月07日

30年ほど前に書かれた古ーい本ですが、
書かれている内容は非常にわかりやすいです。
会社に入って1年目の新社会人や中堅〜マネージャークラスの社員まで、
自分の会社と会社を取り巻くお金の流れをつかむためのひとつのツールとして、非常に有意義な知識を与えてくれます。

基本的な流れとしては、
1.財務諸表...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年10月04日

会計学の本はどれも「なぜ?」を問う視点がないことに不満を抱いていたがこの書は違う。この本では戦略会計をモットーに何のために、どのように数字が動いているのかについて説明してくれる良書。簿記等を学んでその本質が知りたくなった人、全く簿記の意味がわからない人などに読んでもらいたい。

このレビューは参考になりましたか?