【感想・ネタバレ】介護ヘルパーは見た 世にも奇妙な爆笑! 老後の事例集のレビュー

ユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません
購入済み

読んで損は無し

雪雪 2014年02月06日

全く知らない世界の話だったので読み物としてもおもしろかったし、これから家族が経験するであろうことを学べたので勉強にもなった。40代、50代の方は読んで損はないと・・いや、読んでおくべき本かと思います。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年06月04日

痴呆老人に財布を盗まれたと騒がれ収監された青年ヘルパーは真相は不明だがもし無実だとしたらこれほど残酷な話は無い。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年02月02日

実際の現場を見ているヘルパーさんの日常。しかし制度不全が起きている。1億円老人ホームの実情も読むと体が凍る。貧乏人はこの先、介護生活になっても救いはない。よいヘルパーさんに巡り合っても、その人との時間は「延長」になってしまう。お金がなければ酷い状況でも救われない。個人的にはぽっくり逝きたいものだ。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年08月12日

介護の現場について分かりやすく説明されていました。認知症の方との接し方について大変参考になりました。
お役所の方、貴方のご両親も介護が必要な時は来るのですよ。もっと現場を知ってください!

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年04月18日

介護現場で何が起こっているのか。が、わかる本。
現実の介護現場で知った高齢者の方や、その家族のことが書かれたり、認知症の見分け方、介護保険の知識、ヘルパーさんの労働問題、介護保険の問題。
それらがわかりやすく書かれていて、読みやすかった。

介護。というと、どこか自分のことでは捉えられない方も多いと...続きを読む思う。
私も、昨年頃にその問題にはじめてぶつかり、考え出したこと。
でも、人間が生きていくうえで、かならずぶち当たることであり、特別なことではないと思う。

この本を読んで、介護保険の中身がやっとわかった。
そして、それに伴う様々な問題も。
介護保険の中身を考えるお役所の方々は、まず、現場を知るべきではないだろうかと、切実に思った。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2019年04月13日

本書は、2012年の9月に第一刷が発刊されている。

介護保険法の成立が2009年で、本書が発刊された2012年には大きな改正があったようだ。インターネットで調べてみると、あるサイトには次の6点が主な改正点とされていた。

①医療と介護の連携の強化等
・24時間対応の定期巡回・随時対応型サービスを創...続きを読む
・複合型サービスを創設
・介護予防・日常生活支援総合事業について
②介護人材の確保とサービスの質の向上
③高齢者の住まいの整備等
④認知症対策の推進
⑤保険者による主体的な取組の推進
⑥保険料の上昇の緩和

専門家ではないのでわからない部分もあるが、本書の中では①②④に関する内容が印象に残っている。

本書の特徴は、著者の介護職員としての実経験に基づく100ケース以上の事例を題材として、介護現場の実態を生々しく浮かび上がらせている点だろう。もちろんプライバシー等には十分に配慮されて書かれている。

本書の題材となっているケースは、いずれも一般的な常識を超えたケースばかりだ。しかしながら、これは介護の世界の常識のようでもある。

従って、介護の現場に無知な人からすれば、介護の現場の苦労は想像もつかないだろう。逆に、介護の現場の実態を知った者、あるいは正しく理解しようと思う者にとっては、この著者がいかにこの分野のスーパーウーマン的存在であるのかもわかるはずだ。

ケースのほとんどが「認知症」と関係している。上記で言えば④の課題にリンクする部分だ。

劣悪な環境と言われてきた介護の現場にあって、制度の整備、環境の整備、施設やツールの整備などでも改善は進められているのであろうが、本書を読んで、それらの改善と並行で、やはり介護職員の技量の向上が重要であると感じた。

その技量と言っても、主軸となるのは人間的なキャパ、すなわち包容力、忍耐力、利他的な心等であるのだと、著者の振舞から感じたものである。

また、現場に無知なものが制度だけをいじくるのは、介護職員にとっても利用者にとっても好ましくないというメッセージも本書に込められていた。

本書の発刊からさらに数年たっており、これからますます介護を必要とする人口増が予想されているが、素人目にも②の課題は膨張するばかりのように思える。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年08月19日

藤原るかさんの「介護ヘルパーは見た」、2012.9発行、「家政婦は見た」とかが浮かびましたw。見てはいけないものを見たのでしょうか~(笑)。一読して、認知症はきびしいなと感じました。思いがけない行動、驚きの連続とのこと、できれば、自分はそうなりたくないなと(みなさま、そうと思います)思いながら追体験...続きを読むしました。そして、親の介護をするとは、おむつ交換もすることだと覚悟せよとの言葉・・・、「自立」できてる今の有難さを感じました。そして、オリンピックを見ながら、「弾ける元気と勢い」に感動しています(^-^)

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年11月26日

介護ヘルパーさんから見える現場の事例集。

介護保険「改正」によって現場で何が起こったか、どんな声があがってきたかがリアルに紹介されています。

確かに介護保険前夜の方がヘルパーさんの介護は手厚かったですね。祖父宅にいらしてたヘルパーさんと、孫である私もゆっくりおしゃべりした記憶があります。それが、...続きを読むよかった。今の仕組みではそれはもう、難しいですものね。

現場のもどかしさが伝わる一冊です。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年04月14日

訪問介護ヘルパー20年、現場から介護の現実をみつめ、その経験を通し介護制度を問う。2012年の改正は介護を必要としている人に寄り添った法改正であったのか。
現場の声を反映するべく自ら様々な行動を行なっている。また
五百円玉貯金をして世界の介護現場を回るツアーをしているとのこと。日本の介護をより良いも...続きを読むのにすべく地道に働きながら、訴えるべきところには訴えていく姿勢がすごい。この先、日本は高齢社会がずうっと続いていくのだからもっと介護制度を充実させないといけない。
それは社会全体の幸せへつながっていくのだから。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年03月17日

ヘルパーとして経験してきた現場の事例集。認知症、介護保険、家族、業界の現実。ほんの少しの手助けがあれば、1人で生活できるお年寄りはたくさんいる。

お金がある人もない人も、お金のことを心配しないで過ごせるようになるとよいのに、と思いました。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年08月18日

認知症や家族の姿など、介護の現状が書かれた部分は、あるあるであったが、最終章の介護業界の現実は、当事者ならでの視点であり本質を突いた部分である。お金でしか考えない、現実逃避の政策。超超高齢化をどう乗り切るのか、国民の生命や尊厳は守られるのか・・・どうなる日本。悲しい現実はすぐそこに。

このレビューは参考になりましたか?