【感想・ネタバレ】Forget-me-not(1)のレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2019年12月06日

謎があると知りたくなるよね…

ええと、忘れな草(forget_me_not)ゆう題名には騙されんぞ
一体いつになったら二巻が出るのだ?仮に出たとしても
中途で打ち切りだろう。そして、他の作品と抱き合わせで
短編集とかだすのだ。そういう商売しているとアレやろう?
結局俺たちは購入してしまうのだ!

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年01月16日

いわゆるオッパイの本。もとい探偵と泥棒のラブロマンぽい話の漫画。

オッパイ好きです。
色味と絵柄が先です。
タイトルになってる花言葉が好きです。
寂しくなったときに読むともっと寂しくなれる気持ちのいい本だと思われます。
表紙の色づかいが好きです。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年09月06日

ヴェネツィアが舞台の鶴田作品ということで俺得。2巻が出る気配はないが、続きが無くてもあまり問題は無いような構成なので人にも薦めたい。鶴田さんは生活感のある女性を魅力的に描くのが上手い。人にあげてしまったので、また新たに購入する所存。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2010年08月16日

目の保養。トーン不使用、ペンのみで描かれたヴェネチアの情景が綺麗。
このわかりにくさがとても好み。
マリエルが素敵。

面白い。大好きです。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2010年06月23日

舞台は水の都ヴェネツィア。

日本人とイタリア人のハーフである私立探偵、伊万里マリエル。
ほんとは祖父の莫大な遺産があるのだが、遺産相続の条件は20年前に盗まれた絵画を取り戻すこと。
その絵画の題名は「Forget me not」

そんな彼女に、ある日イタリア中を騒がせている怪盗ベッキオから挑戦状...続きを読むが。
ところがそのベッキオの正体というのが…


寡作で知られる鶴田健二さんのオリジナル作品。

とにかく絵がすばらしいです。
感情の細やかな機微さえも、ちょっとした表情の違いで描き出している、その表現力の豊かさ。
美しくて、思わずため息が出てしまいます。

ぐーたらな探偵マリエルのキャラもいいです。

「第1巻」となっていますが、6年たった今も続刊は出ておらず…
でも、いつになってもいいから、続きが読みたい!
そう思わせるほどの良質の漫画です。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2013年05月06日

鶴田さんが描く、憧れの都市ヴェネツィアを舞台とした探偵物語。
ゆったりとした、この雰囲気。素敵じゃないはずがない!

カヴァーをめくってもイラストがあるのが何とも嬉しい。
6年が経つけど、まだ2巻は出ないのでしょうか…。切望。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年10月04日

探偵もので恋愛もの。…というか絵もコマ割りもネームも、常に小洒落ていて、自分的には恋愛ものはこうあるべきという王道を行く人でもある。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年10月04日

とにかく絵がきれいです.ブックカバーの裏にもまたイラストが書いてあってちょっとびっくり.舞台はヴェネチアなんですが,この話みたいにアンニュイな雰囲気が味わえるなら行ってみたいです.
なぜか読んでて黒田硫黄の『セクシーボイスアンドロボ』を思い出しました.主人公が適当に探偵稼業やってるからかな?

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年10月25日

再読
『SpritofWonder』あるかないかで評価変わりそうな作品
あちらは胸張ってSFだが
こちらはどこ褒めたら良いか困る
ふいんき良いというのだけで褒めたことにならない気がするのはなぜか
マンガ製作者として星野之宣との力量差は歴然としているのに許されるのはなぜか

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年07月13日

つるけん氏の理想とする女性像が如実にあらわれていると思う。
元気でがさつでコケットで貧乏で酒好きで開けっぴろげでHで怠惰な探偵。

「説明しすぎない」ところがいい漫画の条件なのか、と考えた。
接続詞をバシバシ省いていく映画のように。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年01月01日

ベネチア、探偵のお嬢様、執事、怪盗、警部。。鶴田謙二さんが描くその世界はゆったりとした時間が流れる。猫のように気まぐれで、ぐうたらで、そしてキュートな探偵のお嬢様、伊万里マリエルがとにかく魅力的。
表表紙と裏表紙で一枚絵になってる装丁が素晴らし過ぎる!カバーの裏にもベネチアの街と猫と探偵・伊万里マリ...続きを読むエルの姿が。これ見るためだけでも買う価値ある。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年10月04日

絵が好きですね。
探偵モノだけど探偵らしくない探偵モノ。
まぁこんなだらーっとした探偵もいんでないかな。意外とやるときはやるし(笑

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年10月04日

鶴田さんも昔から愛読。この本は「1」と記されているのに、「2」はいつ出てくるのやら??主人公の女性がカワイイ(これは外せない理由ですよね)。ゆったりとした時間の流れの中で、テンポのある会話のやり取り。この本も複数回読んで、「ああ!なるほど」という発見があります。(私が鈍いだけか)

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年10月04日

この人の絵がものごっつい好きでして、話もどことなくファンタジーな気がして好きだったり。

あらすじは探偵モノです。としか言えないかなぁ。
まだ一巻なのでサワリ程度しか話進んでないし。
あ、殺人系ではなく怪盗系の探偵ってところです。(って尚分からんな)
とにかく。面白いですよ〜。これ。良ければ読んでく...続きを読むださいな〜。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年10月04日

初めて読みました、鶴田謙二さんの作品。細部まで描きこまれていますね。素敵です。
読んだきっかけは最近ずっと憧れているイタリアの中、ヴェネチアが舞台と言うこと、蟲師を読んでいらっしゃる方で鶴田さんの作品も読んでらっしゃる方が結構いらっしゃるらしいこと、の2点からだったのですが、当たりだったようで嬉しい...続きを読むです。
探偵、怪盗、刑事、執事、メイド・・・この言葉からは自分には想像できなかった雰囲気を持った水の都の作品。初読みでは掴みきれない部分が多かった気もするのでこれからまたじっくり読んでみます。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年10月04日

2003年 満を持して出版。 初出いつだっけ... と思ってたら、97年でした^_^;
テーマは一応探偵物ですが、仕事をしている場面より街角でボーっとしている場面の方がコマ数が多そうな独特の空気が漂う作品です。
舞台のヴェネツィアには昔行ったことがありますが、あの街の持つ"間"が...続きを読む、研究を重ね、よく表現されていると思います。
実際訪れた人間にしかわからないと思いますが^_^; 上手く伝わるといいなぁ。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年03月01日

鶴田謙二先生の絵が好きで、漫画も読んでみようと思い購入

話はのっぺりした感じで、特に盛り上がりはない。
雰囲気と絵を楽しむ漫画

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年08月27日

美しいヴェネツィアの街に住む少女探偵と宿命のライバルである怪盗、というシチュエーションだけでワクワクさせられます。
ただ、ストーリー展開にはあまり重きを置いておらず、少女探偵のいる日常といった趣です。絵と雰囲気に浸るための作品だと思います。
続編はいったいいつ出るの…?

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年10月04日

世界観あるなー。トーンを使わない手書き感ばりばりの絵もイイ。女性の描き方も好みだ。2巻は無いのか…。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年10月04日

この作家の描くほのぼのとしつつもSFチックで・・・まぁ、これを言ったらお仕舞いかもしれないが、宮崎駿の作風に色気とマニアックなSFテイスト、それゆえの分かりにくさを加味したような世界観は結構好きだ。ストーリーの深みや面白さ、キャラクターの魅力などはあくまで余得であって、結局この作家の描く世界観を楽し...続きを読むめるかどうかが鍵となるし、絵柄がまずありきでそこから世界観を構築しているように見受けられるので、絵柄が好きならおそらく楽しめるだろう

このレビューは参考になりましたか?