【感想・ネタバレ】かげろう絵図(下)のレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2010年04月02日

~内容(「BOOK」データベースより)~
大奥女中と法華宗僧侶の乱れた性の証拠を掴むべく、密偵として大奥に忍び込んだ齢十九の登美に魔の手が迫る。部屋住みの三男坊、新之助が大胆に敵を翻弄し、事態はますます息をもつかせぬ大攻防へ。両陣営に犠牲者が続出。そして、衝撃的な結末は―。全てを見届けた新之助の目に...続きを読むは儚い陽炎が揺れていた。
~~~~~~~~~~~~~~~~

おもしろい。本性を現した石翁と新之助の壮絶な戦いについつい引き込まれてしまった。権力争いの空しさを改めて感じずにはいられなかったが、石翁が最後に見せた潔さに救われた気がした。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年04月08日

黒幕石翁と水野忠邦と勝敗が決するクライマックスまでに準主役とも思われる縫や脇坂淡路守の呆気ない運命に驚いた。だが、これも正悪別無く儚いかげろう絵図の一コマなのだろう。2016.4.8

このレビューは参考になりましたか?