【感想・ネタバレ】連環のレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2010年06月25日

ストーリーテラーという言葉は松本清張のためにあるのではないかと痛感した作品。中でもこの作品はエンターテイメント性に優れ、今ではサスペンスドラマの定番になった「断崖」のシーンもこの小説の影響では、と思わせます。タイトルの「連環」は環をつなぐように嘘を積み重ねていった主人公が最後に自分の首に環をかけるこ...続きを読むとになる、ということでしょか?
どんでん返しにさらにオチがついて一ひねりしてある小粋さ。情事の場面を多用していても、純文学のカテゴリに入っても充分なほどの豊かな表現力が作品の質を高めています。
ミステリを再読することは愚かなことかもしれませんが、私は清張作品は、時を経て再読してしても面白さは失わないと思いました。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年10月05日

はじめて清張の作品を読んだのがこれでしたが、衝撃でした。おもしろすぎる。
昔のこととて、当然のように飲酒運転していたり、障害児を畸形児とか看護婦、女中といった表現が使われているのも、もちろんまったく自然でした。
すじの発想や練り方はもちろん、文章を書く天才というのはこういうものなのだなと。
...続きを読む思ったことを思った通りに筆で表現する」ことができる人は、やはり天才です。
ラストの締め方も素晴らしい。小説とは、ひとりの人生を描くものなのだと納得させてもらった本でした。以後、清張にどっぷりハマることとなるわけですが・・・

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年10月04日

はじめて清張の作品を読んだのがこれでしたが、衝撃でした。おもしろすぎる。
昔のこととて、当然のように飲酒運転していたり、障害児を畸形児とか看護婦、女中といった
表現が使われているのも、もちろんまったく自然でした。
すじの発想や練り方はもちろん、文章を書く天才というのはこういうものなのだなと。
「思っ...続きを読むたことを思った通りに筆で表現する」ことができる人は、やはり天才です。
ラストの締め方も素晴らしい。小説とは、ひとりの人生を描くものなのだと納得させて
もらった本でした。以後、清張にどっぷりハマることとなるわけですが・・・

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年12月30日

主人公の悪事に憤慨しながらもストーリーが進むごとに、何故か応援してしまう自分がいる。しかし最後の謎解きが若干弱いかも。

このレビューは参考になりましたか?