【感想・ネタバレ】ららのいた夏のレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2010年12月15日

知り合いのお爺さんに、「君はこれをよむといいよ。」と言われてもらった本。とても良かった。この主人公二人が好き。さわやかでかわいらしい。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年05月25日

内容(「BOOK」データベースより)
ふたりの出会いはマラソン大会で走っている最中だった。小杉純也はプロを目指す高校球児。坂本ららは走ることと笑うことが大好きな高校生。ららは、運動会から始まってロードレース、駅伝、フルマラソンと次々に記録を塗り変えてしまう。オリンピックすら視野に入って来た。純也もス...続きを読むカウトの目にとまって、プロ野球の選手としてデビューした。涼風のようなふたりの恋。青春長編ラブストーリー。

プロを目指す高校球児純也、走るのが楽しくて仕方がないが、自由な風のようにつかみどころがない天才ランナーらら。2人の爽やかで現実離れしたアスリート恋愛物語です。題名から何となく結末は読めますが、それでもぐいぐい引っ張りこまれて読むのを止める事ができませんでした。
文章も感覚も古い作品で、書かれた時代を考えてもちょっと恥ずかしくなるような言い回しが満載では有りますが、昔の青春ドラマってこれくらいの気恥ずかしさが有ったと思うし、それに皆感動していたわけです。
ベタですベタベタです。でも僕は大好きだなあ、終盤はその分かりやすい感動慟哭展開にたやすく心揺さぶられて泣きました。評価で薄っぺらいとか色々評価有りますが、斜めに読まないで真正面から受け止める素直さが自分に有ってよかった。その方が人生楽しいですよ。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年06月25日

 1989年8月に最初に世に出た。当時は丁度、主人公の小杉純也と坂本ららと同じ世代ということになる。読んでいて自然と顔がニコニコしてくる。主人公たちが交わす会話や所作がすんなりと自分の中に入ってきた。このような本を読むのは初めてだ。変に顔がにやけるから電車の中で読むのが恥ずかしかったほどだ。


 ...続きを読む男子校に通っていたため部活で運動会で女の子と出会うきっかけというのは全くなかった。代わりに男同士の友情という奴が出来たかというとそうでもない。中学校の頃に時代小説に出会いわずかながらの小遣いをやりくりし山岡荘八、吉川英治、岡本綺堂の本を本八幡の本屋で買った少年時代だ。分別くさいガキだったと今にして思う。14,5で時代小説を読み部活もしなければそうもなる。しかし30を前にしてこの本に巡り会えるとは思わなかった。読む年代が逆転している。


 作中、ららはよく笑う。とにかく笑う。颯爽と軽快に。嫌みでもなく回りをホンワカさせる笑みだ。温かい本に出会えてよかったと思う。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年02月28日

アジアを1ヶ月ほど旅しているときに
マレーシアのコタキナバルという土地で出会った本。
読む本がなくなり、日本語の本を扱う書店で見つけた。
選べるほどの量はなく、なんとなくこの本を手にした。

期待せず、ビーチで一人寝そべりながら読み始めると、
テンポ良くサクサクと読み進められる。途中、登場人物の笑い...続きを読む
“がはは”が非常に気になるものの、文体自体は読みやすいので
一気に読破できる。

物語は、高校球児の純也と天才ランナーららの恋愛小説。
ランニング中にららと出会い、順調に日々を重ねていく二人に悲劇が・・・。
物語の骨子は、ありきたりのもので読み進めると先が読めるのだが、
それでも感動できる物語である。

そして、読み終えた後には、なぜか気分がスッキリとしている。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年10月04日

かなりベタな青春スポーツラブストーリー(こんな言い方あるかな?!)
題名から、多分ラストはこうだろうなぁとわかったのに、でも、しっかりと涙してしまった。

主人公二人の走っている姿が映像として頭に浮かび、
一緒に走っているような感覚にさせてくれる。

さらーっと読めて、爽快。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年10月04日

厚さの割りにぐいぐい読めちゃいます。
ただタイトルから既にラストの予想がついていたので、もう国際マラソンあたりからはストーリーを楽しむ余裕も無く心震わせていました。

読後感は抜群に良いと思うので、これからの時期にぴったりな一冊ですね。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年10月04日

ありがちな青春小説、と表現してしまえばそれはそうだけど、それでも読むだけで心が温かくなる。ラストは不覚にも涙してしまった。夏に読むのにぴったりな一冊。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年10月04日

翼はいつまでもみたいに泣きはしなかったけど、かなりあま〜い(というか甘酸っぱい)青春ラブストーリーって感じ。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年11月18日

展開もストレートアヘッドで、ドンデン返しもそういう意味ではストレートアヘッド。
この作家、正直文体は全く好みでは無いんですが、そのストレートアヘッドなストーリーに何故か惹きつけられて、これで3作目。
この話、ストーリー経過は3作中一番好きでした。ストーリー結果は3作中最も読みたく無いものでした。哀し...続きを読むい。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年06月25日

爽やか。
走る足音、波の音が聴こえてきそうで、
過ぎ去った自分の青春時代を少し思い出しきゅんとします。
設定やストーリー展開はありがちですが、楽しくさらっと読めた。

女の子同士の会話になんだか違和感を感じる。
ちょっとクサイ描写だったり微妙な下ネタが多いところは気になります

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年06月01日

 川上健一さんの青春小説は好きです。本書は読み始めたときは、”出来過ぎ”、”ありえない”という場面が多々あり、若干うんざりしたのですが、最後まで読むとやっぱりさわやかさが残りました。これが川上健一さんの魅力かな?

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年10月02日

天才少女ランナーと野球少年の物語。
読み始めてすごく違和感があったので理由を考えてみると、文章がものすごく短い。スピード感を出すためのテクニックなのか、意図的な淡白さで何かを表現しようとしているのか...
主人公ららのキャラクターは魅力的なのに、エピソードがあまりにも現実離れしていて興ざめ。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2010年09月06日

ららの笑い方が受け入れ難い。
ららが大会などで素晴らしい成績をおさめていく様子などは爽快で、まあ、現実的にありえないとしてもまだ許せる範囲かなと思う。だけど、最後のららの病気がなんなのかはっきり病名出したり、もうちょっとその前の部分と後の部分の対照性をはっきりさせてほしかったかな。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2010年05月25日

タイトルからもしやとは思っていたけど、やっぱりそういう展開か。
面白かったけど、恋愛白血病ものはもういいや。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年10月07日

日課の早朝ランの途中に出会ったららは長距離の選手だった。
野球でプロをめざすぼくと、短い命とともに走り続けるららの恋がはじまる。

さいきんありがちな設定ぽいけどリアリティがあって季節感の描写もせんさいできれい。
野球選手と長距離選手っていうのもいい。 さとこ

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年10月04日

途中まではららが何を考えてるのかつかめんかった。でも走ることがただ好きなだけやったんやと思う。あそこまで夢中になれることがあるなんてすてき!!

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年07月18日

高校のマラソン大会で出会ったららと純也。陸上部にも入らずただただ走るのが好きなららと野球部でプロを目指す純也。いくらなんでも高校生のららが速すぎって思いましたが!!でも爽やかな二人に最後は涙〜〜〜。。。こんな素敵な恋愛が世の中に一つくらいあってもいいな〜〜って思いました!!

このレビューは参考になりましたか?