【感想・ネタバレ】沖縄密約 のレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2019年10月25日

1972年の沖縄返還における密約取材を巡り、外務省の女性事務官から機密文書を漏洩させたとして有罪となった毎日新聞記者、西山太吉の本。
密約が存在したことは、佐藤総理の密使として暗躍した若泉敬氏の自戒本や、外務省元局長の吉野氏の告白、さらにはアメリカ側の情報公開で明らかになっている。そうした密約がなぜ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年01月05日

沖縄返還とベトナム戦争の絡み。
戦争に負けるということは、こういうことなんだなと思わせられる密約の内容。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年02月23日

沖縄密約についての「真実」が書かれている。メディアのステレオタイプ化,民衆の政治的無関心によって,政府の隠蔽体質が成立し,密約のような「情報犯罪」が成立しうる。
生まれる前のことで難しい部分が多かったが,僕ら一般市民や,メディア,政府が学ぶべき事が多く書かれてある一冊でした。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2011年09月27日

沖縄問題にあたって密約問題は重要である。

一部の政治家の思惑に、沖縄がつかわれてるのはきわめて不快であった。

またアメリカのしたたかさもこの本から学べる。

世界はニコニコ表面上は笑いながらも、その心の中では国益のためのいろいろな戦略が飛び交っているのだ。

外交力というのはこのような戦略をとり...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2011年04月25日

[ 内容 ]
日米の思惑が交錯した沖縄返還には様々な「密約」が存在したことが、近年相次いで公開された米公文書や交渉当事者の証言で明らかになってきた。
核の持込み、日本側の巨額負担…。
かつてその一角を暴きながら「機密漏洩」に問われた著者が、豊富な資料を基に「返還」の全貌を描き、今日に続く歪んだ日米関...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2010年06月02日

先日、ブログで書いた「運命の人」を読み終えてすぐに購入した本。小説の最後で主人公・弓成は言う。「沖縄を知れば知るほど、この国の歪みが見えてくる」。これは一体何を意味するのか。返還以降、対米関係において日本が置かれている状況とは何なのか。弓成のモデルとなった元毎日新聞記者・西山太吉さんが書いた本書は、...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年10月04日

メディアリテラシー学習3部作その3。仕上げ〜。コンテンツ産業の市場開放・規制緩和はダイナミックに行うべきでしょう。しかし、西山氏のこの本の内容をおさらいしただけでも「表現・報道の自由」は担保されなければ、との想いは一層強くなる。後半の米軍再編・集団的自衛権に結びつける展開は、現在では、ひとつの見解と...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年10月04日

沖縄返還に関しての外務省秘密漏洩事件で有名な当事者である著者が、あの事件の全貌と、その背景、そして今も続いている沖縄をめぐる日米の隠された事実について書かれている。
この問題となっている事件やその時代の政治権力の知識があると、より深く楽しめる。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年03月05日

西山太吉『沖縄密約ー「情報犯罪」と日米同盟』を読む。
読んでいくうちに1972年の西山事件と2010年の一色事件の
共通性に気づく。いずれも国家公務員法違反に問われた。

僕はふと疑問に思う。
僕たちは主権者として選挙のたびに投票を通じて
政党、政治家に権限を託す。
しかし、選挙と選挙の間に託した権...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年10月04日

こ、これは・・・けっこう衝撃的。沖縄返還の密約についてアメリカの公文書がその存在を証明し、さらに密約の当事者の証言が出てきたにもかかわらずそれを否定する日本政府。ほんとかよ。

また、この本が描く安全保障についての問題提起は、相当の説得力をもって僕には迫ってきたのだが・・・。九条改正の前に、やること...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?