【感想・ネタバレ】ネコを撮るのレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2013年10月08日

家猫を撮りたくて、はじめたカメラ。
でも、難易度が高くて いつのまにか花や景色に…。
イワゴウさんのネコ撮影に対するココロを 垣間見た、そんな感じの本だった。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年02月09日

タイトルどおり、ネコを撮る本。写真も少し出ているけれど、写真集ではありません。ネコを撮るための時間帯、ロケハンなどの技術や心構え。そして、「ネコが動いちゃったから撮れなかったんだ」ではなくて「自分の動きがこうだったからネコに嫌われたんだ」という判断のほうが、得るものが多い、という話。岩合さんの異常な...続きを読むまでのネコへの接近方法の秘密。ネコはただいるだけで美しいので、それに頼ってしまうけれど、コンポジションづくりが抜け落ちてないか、って。いやあ~、なんだかネコとお近づきになれる気がしますよ!

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2011年11月05日

猫は、本当に鼠を取るために飼われているのだろうか。

あるときは、食い物はないかと催促をする。
あるときは、人間のことなどそ知らぬ振りをする。
あるときは、動くものを追いかける。

猫の視線に、生き物としての姿勢を見ることができるかもしれない。
日本猫のように、飼い猫、野良猫を問わず、まっ...続きを読むたりとした、ゆったりとした雰囲気をかもしだしているかもしれない。

それぞれの空間と視線を切り出す写真。
猫の写真といえば、この人。
情報満載の本なので、一枚でも猫写真を持っている人なら読んでみると飽きない。

「早起きは三文の徳」とのこと。てっきり「得」だと思っていた自分が恥ずかしい。
 徳1 カメラマンの基本。光を見方につける
 徳2 朝、ネコは朝日を浴びに出てくる
 徳3 健康の第一歩、歩く、歩く、歩く

アサヒカメラ2001年1月号に面白い特集があるとのこと。

ネコの撮影方法と、海外でのネコの撮影の記録。
猫科の他の動物の話題も最後にある。
似た行動をとるらしい。

ps.
撮影場所と撮影日の情報があるとうれしい。
同じ場所で、同じ猫が撮れたら最高。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年10月07日

ネコはとっても気まぐれで人見知りな動物です。
そこが可愛くてたまらないのでぜひ写真を撮りたいのですが、カメラを向けるとぷいっと逃げられ、後ろ姿しか残せないことがほとんど。
タイミングを逃さないようにシャッター速度を上げたり、自分も寝転がってレンズをネコの目線に合わせるなど工夫はしますが、なかなか思う...続きを読むような一枚に出会えません。

この本では動物写真家の岩合さんが、ネコの上手な撮り方を解説しています。
ネコ写真を撮る上でまず大切なのは、ネコの立場に立って考えることだそうです。
ネコがどんな時間帯や場所を好むのか、どんな人を好きになって近寄ってくれるのかを理解し、ネコとの距離を縮めることからなのです。
岩合さんの撮るネコが、どの子もネコらしくのびのびした表情やしぐさをしているのは、ネコとの信頼関係があるからではないでしょうか。

また、カメラ技術の解説もあり、世界中のネコや野生のライオンやパンダの写真も掲載されています。
新書以上のボリューム感があります。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年10月04日

写真家岩合さんによる猫を上手く取るための本。カラー写真は少ないですが、白黒写真が豊富。
どこにでもいる猫をどこにでもありそうな風景の中で撮った写真が凄くイイ。
猫を撮るっていうと、猫に近づいた写真ばっかり撮ってしまいますが、その猫の暮らしている路地とか空の下で撮られた写真ってなんだかその猫の生き様を...続きを読む写しているようでカッコよい。カメラは望遠レンズのいいものを購入した方がやっぱり猫は上手く取れるようなので本気で真似するならかなりの出費がかかりそうですが(笑)
とても面白く読めました。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年10月04日

岩合光昭さんが教える、ネコ写真の極意エッセイ。カラー写真も16ページ。白黒写真も満載。読んで、猫に対する礼儀が今まで足りなかったと反省(^^; やっぱり岩合さんは凄い。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年10月04日

本日買いたてほやほやの一冊です。岩合光昭氏の猫写真を上手に撮るための方法と心得書。猫の気持ちをさっしながら、無理強いをしないあくまでも猫本位で撮影に挑む。猫と写真家との気で感じあう素敵な写真術満載です。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年10月28日

2018年9冊目
動物写真家として有名な岩合さんがネコを撮る方法について書いた本。
どうしたらあんな写真が撮れるのか?
ネコを撮影するコツが満載。
やはり写真を撮るということは漫然と撮るのではなく、
それなりに準備は必要。
本書を読むとネコを撮りたくなります。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年11月04日

動物、特に猫が大好きで、好かれる人も大好きで、その第一人者ともいうべき岩合さん…猫の撮り方が題材ではあれど、岩合さんの人柄に興味津々!という感覚で読みました。
岩合さんがなんで自然体で生き生きとした写真が撮れるのか、なんで猫にモテるのか(笑)わかった気がします。

もちろん、撮影方法もためになる!
...続きを読むわたしはたまにスマホで撮るくらいですが、猫を撮る上でのポイントがたくさん。やってみたくなる!

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年02月21日

写真家の本だけあって、随所にネコの写真が掲載されている。
そのネコの表示がとてもいい♡
でも、白黒で勿体無い、カラーの方が豊かな表現になるんじゃないかともったいない気がした。
でも、白黒の方が余分な情報が無くていいのかも、と思いに至ったのは本も残り少ないページになった時。
ネコの表情を見るだけでも楽...続きを読むしい。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年03月17日

猫撮影の指南書。
撮影の端的なポイントを添えた猫写真がたくさん。これらの写真を見るだけでも価値がある!
「ヒトから目線」で思考する癖がついてしまってるから、そこから叩き直してネコと向かい合わねばなあ・・・デジイチほしい。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年09月09日

TV番組でも有名な岩合さんのネコの生態や撮影法について指南した一冊。

単純にネコが好きな人でも十分楽しめるけど、文字通りネコを撮る機会がある人にとっては必読。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2010年09月11日

私でも名前を知ってるくらい、「動物写真といえばこの方!」な写真家岩合氏の撮影指南書(?)
といっても技術的なはうつー本ではなく、ネコ、ひいては自然や街並みを「撮らせていただく」心構えを語られてます。
でもネコ写真。
たまらんネコ写真。にゃー。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2010年09月10日

ネコの写真と言えば、岩合さん。
カメラ雑誌アサヒカメラのカレンダーでもお馴染み。
いい表情してるんですもの。

・・・ネコが!


読後当時(20070607)にブログに掲載したコメントです。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2010年05月30日

[ 内容 ]
写真はネコに始まり、ネコに終わる。
すばらしい「ネコ写真」は、すべての写真にも通じます。
モデルネコの探し方、機嫌のとり方、シャッターチャンス、「ネコフォト」のヒント満載。

[ 目次 ]
第1章 ネコにアプローチ(早起きは三文の徳 ネコを撮るなら朝のはずだが ほか)
第2章 撮影編(...続きを読むいきなりはダメ 準備体操―ネコを安心させる ほか)
第3章 世界のネコ(ヒトの道はネコの道 こんなところにもネコ ほか)
第4章 野生のネコ(ライオン百獣の王説に限らず、ライオンへの誤解?は多い ほか)

[ POP ]


[ おすすめ度 ]

☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
☆☆☆☆☆☆☆ 文章
☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
共感度(空振り三振・一部・参った!)
読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

[ 関連図書 ]


[ 参考となる書評 ]

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年10月07日

著者の作品が多数挿入されている本書。
猫と老人って、本当に良いコンビですねw。

いつの日にか『猫だまり』に遭遇したい。
私の小さな夢です。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年10月04日

ネコ大好きな写真家さんの写真と文章がすてきでした!世界中をネコを撮るために旅するなんて素敵・・・もちろんネコだけじゃないみたいですが。動物を写真に収めるって大変なんだなあと思った。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年10月04日

イワゴーさんの猫の写真は、気取ってない。餌で釣られた上目遣いとは大違いだ。美しい、不細工な猫。こんな表情を取れるためには、やっぱり、猫に還るんだ!

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年09月01日

町と猫の写真で、写真に疎いわたしでも知っている有名な写真家が書かれた本。
写真技術についての話はほとんどなく、猫好きなら絶対読んで楽しいエッセイばかり。その話題は猫の見つけ方、猫との付き合い方から、ネコ科のライオンや熊猫(パンダ)にまで及ぶ。
文章も心地よく、すらすらと読める。良い写真が撮れる人は文...続きを読む章も良いのかな。
Paperwhiteで読むと、写真が堪能できずにがっかりしたので、後日iPadで写真だけ見直した。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年02月24日

文章よりも写真を見てニマニマする本かな(笑)。

猫写真の撮り方を懇切丁寧に教える本ではなく、
ちょっとしたTIPSを集めた本という感じ。

エジプトの仔猫の写真がお気に入り♪

このレビューは参考になりましたか?