【感想・ネタバレ】逃がし屋 もぐら弦斎手控帳のレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2011年09月30日

 火付盗賊改・長谷川平蔵も登場。将軍・家斉も市井に出て、主人公・弦斎に指示を与える娯楽時代小説。読みやすく面白い、軽い時代小説だ。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年09月22日

第一弾
家斉の若き頃、将軍にも知己のある旗本(正体は?)
奉行の私的な密偵での探索時、賊に逆襲され、友を失い、自らは記憶喪失に、記録を取り戻し敵打ちを?
何かまだ謎が大そう!

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年10月04日

記憶を失い、長屋の子らに手習いを教える寺子屋の師匠弦斎には、隠密としての過去があった。ある日、本所深川の「なめくじ長屋」で一人の老人が殺された。老人の息子は旧友の十兵衛。かつて自分をかばって死んだ男だ。賊の目的は、十兵衛が遺した克明な捜査日誌だった。弦斎はふたたび巨大な悪に立ち向かう覚悟を固めるのだ...続きを読むった。

このレビューは参考になりましたか?