【感想・ネタバレ】コンサルタントの習慣術 頭を鍛える「仕組み」をつくれのレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2012年01月01日

「何をやっても長続きしない・・・」
「いつも三日坊主に終わってしまう・・・」

このような悩みを持ち、自分を責める人も多いだろう。

しかし、努力が継続しないのは自分の意志の弱さが原因ではない。そもそも嫌々取り組むことなど、端から続くはずはないのだ。

目的達成までの取り組みを継続させるために重要な...続きを読むこと。それは、「取り組みを習慣にする」ことである。

そのためには、目的、目標、手段を明確にしながら、自身の現状を映し出す鏡の存在を常に保っておくことが大切だ。取り組み自体が楽しくなり、手段が目的になれば「取り組みを習慣にする」ことは成功であり、本来の目的を達成できる日も近い。


私はコンサルタントになりたいなどとは全く考えていないのだが、今後の業務に取り組む姿勢の参考として、激務の代名詞であるコンサルタント業の習慣を見てみようと思い本著を手に取った。

「目的をはっきりさせる」「外部の情報に常に敏感になる」など、わかりきった内容も多かったが、「鏡を設置し自分を見える化する」という点は、目から鱗だった。

やはり、人間は無意識のうちに見たくない現実から目をそらし、自分に都合の良い情報だけを得ようとする。常に「自分は今どの段階にいるのか」ということを客観的に判断できるような存在や仕組みを持つことが重要である。

私も自分の乏しい知識や思考力を不安に思うことが多々ある。そのため、様々なジャンルの本を読み漁り、知恵の醸成に努めているのだが、いまいちモチベーションが上がらない。それはやはり、自分が今どの段階の人間なのかという認識と、読書によってどれほど知識や思考力を養えたかという実感が足りなかったからだということがわかった。

自分を映し出す鏡をどう設定するかをじっくり考えていきたい。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年10月10日

日々自分に投資となるような、よい習慣をもちたい。
では、習慣化する、持続的にするには・・・
そういった、良い「仕組み」を作るということの有意義さと、
様々な局面ごとの実践法について、著者の経験を交えて述べている。

例えば、ごくシンプルな原理、
「楽しくなければ続かない」をもとに、
やっ...続きを読むていて面白い、と思えるための方法や、
それに関するモデル化と応用が紹介されている。
「百段階段」のモデルは、本当に何にでも応用可能。
ここらへんの記述は、フロー理論につながっていると思う。

考える習慣 の部分では、
たとえば「論理的指向の末のコンセプト思考」。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年05月06日

・習慣化させるコツ
習慣が失敗しても人に話すな

・問題を顕在化
課題解決思考で望め

・雑誌
年間購読して自分を変えよ

・考えを鍛える質問
飲み会「おまえはいったい何がやりたいの?」
子供「大きくなったら何になりたいのか?」

・考える仕事
考える場所、考える時間、考えるテーマを持つ

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年07月15日

シロウトとプロの差は 1万時間の差である。
好きだから、1万時間を 続けることができる。
そして、プロとなれる。

近道なんて ありえないから 
愚直にやるしかないのだ。

『積小為大』

考えることと悩むことは違う。
考えることは ビジョンを打ちたて 目標を見つけて
情報を収集し、勉強...続きを読むし、分析し 判断する。
悩むことは 悩むだけに過ぎない。
だから、憶測や願望だけとなり、
客観的に 見えなくなる。
自分の見ようとしないものを見ないようにしている。

考える習慣は 視野、視点、視座が 確立される。
多様な見方ができる。
広がり、高まり、深くなる。

見える化。
ランドセルサイクル
(帰ってきた時なのか 行く時なのか?)
そのことで、大きな差が生まれる。

問題意識の顕在化。
三つに分ける。
視点をずらす。熟成することを待つ。

うたれ強い人は 支える人がいるからだ。
リーダーは 形が違ってくる。成長に合わせて、対応する。
リーダーの本気度が ポイントとなる。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年07月07日

筆者が多くの本を読み、さまざまな知識を持っていることが、内容を読むことで理解出来ました。
また、客観的な見方をするためには、常に読書を習慣とすることが大切ということも改めて教えていただきました。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年01月03日

・コンサルタントの習慣術(=プロフェッショナルの習慣術)の基本とは・・・
 その道を極めるのに近道はない
 まずは、そのことを好きになること
 道を進むことを焦らないこと
 小さな成功を大切にすること
 そのことを極めるための道自体を好きになること

・プロフェッショナルたちの多くは皆、少なくとも1...続きを読む万時間「そのことだけに集中し専心したたゆまぬ努力」をしていた時期がある。

・1万時間をクリアしたあるとき、大いなる成長、偉大なる革新を遂げることを別のいい方で「レセプター(受容体)のカギが開く瞬間」とも呼ぶ。

・良い習慣を持った組織=良い仕組みをもった組織

・目的・目標・手段を「一体化」させるのが習慣化の第一段階。いつも三日坊主で終わるのは精神力の弱さではなく、習慣を仕組み化し、しくみをまわしていくためのマネジメントのコツがつかめていないだけ。

・目的や目標のために始めた「手段そのもの」が好きになれることがポイント。

・習慣をマネジメントするための三つのポイント
 ①見える化=今の自分を常に正しく、冷静に把握する
 ②出船の精神=いざというときのためにすぐに船を出航できる姿勢を常に保っておく(早く仕上げて熟成させる時間をもった仕事は完成度も高い)
 ③愚直さ=継続こそ力の原点(公文式の小さな成功体験 私たちも小さな成功体験を感じ取るためには、公文式学習の手法に学ぶ必要があるby著者 P86)

・習慣化のゴールは「それをしないと気持ちが悪い状態」になったとき

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年12月15日

題名以上に内容がつまった良書だと感じた。
歴史的人物の経歴や言葉から、現代の大企業から中小企業の成功の秘話まで幅広く実例が載っていて、コンサルタントでなくても普通のサラリーマンでも使えることがたくさん紹介されている。

★アイデアを出すため1日1時間使う。
★自分が興味ある回の雑誌を買うのではなく、...続きを読む購読して興味ないことも読む。
★どれほどキャリアアップしても人間は弱くて落ち込むこともあるけど、支えてくれる仲間を持っておくことで乗り越えられる、などまでも網羅されている。
などなど。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年07月29日

前半2-3章は非常に為になる。なるほどと目からウロコの考え方が説明されている。後半は失速。

•目的、目標、手段を明確にする。
•見える化を実現する。
•スケジュールを先に埋めてしまう。
•目標に至るまでの段階を細分化し、小さな成功体験を積み重ねる。
•悩むことと、考えることは違う。考える習慣を持つ...続きを読む
•考えるとは、整理、分析、判断である。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年10月11日

まず始めに、あらゆる仕事がコンサルタントとしての性格があるかもな、と言うところから自分の仕事を捉えなおして読み進めるといいかと思います。
進化するには習慣をマネジメントする、っていうのが大事なんですよ、というのが主題です。
参考になります。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2011年09月21日

「7つの習慣」の「良き習慣は良き人格をつくり、良き人格は良き運命をつくる」という言葉を思い出した。
あってるかな?w

自分を高めるための行動を習慣化するというものであった。でもつまるとこ自己啓発っぽくなった。
この野口さんの影響を受けて本を読むようになったこともあり、読み応えがあるいい本だった。
...続きを読む

「積小為大」小さなことの積み重ねが大きなことをおこすことができる。
その道をきわめるのに近道はない。

考えることと悩むことは異なる。
考える習慣がある人は常に未来をみている。判断基準をもっている。ポリシーがある。
悩む習慣がある人は過去を意識する。判断基準をもっていない。

「仕事を選べなくても、どのように仕事をするかは選べる」
「着眼大局、着手小局」大きな視点で小さなことをはじめる

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年08月20日

「努力の習慣化が大切」という主張には納得。「リーダーシップ」や「主体性」までも習慣によって鍛えるものだとしているのは新鮮だった。少し上っ面を滑ってて入ってこない感はあった。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年07月26日

1)概要
HRインスティチュート代表野口氏の著書。
別著「コンサルタントの『質問力』」が面白かったので、
こちらの本にも手を出してみた。

「ビジネス力を高める“習慣”とは」というテーマに対し、
①見える化、②ランドセルサイクル、③愚直さ、
の3軸をベースに説き進めている。

方法論7割、事例2割、...続きを読む具体的なアクションプラン1割、といったところ。
これを読んだからと言って、
「よし、試しに明日から○○をやってみよう」とはならない。

個人的には、第6章(リーダーシップ関連)が◎。
「組織に属している以上、リーダーは役割と割り切る」。
リーダーを向き不向きで考えてはならない。
大企業(=ポストが多い企業)であれば、なおさらである。

そこで、本書ではリーダーという人材像を汎化したうえで、
彼らに必要なスキルを説明している。良書。

2)章立て

 序章 :コンサルタントの習慣術とは何か
 第1章:習慣をマネジメントする
 第2章:考える力を磨く習慣術
 第3章:主体的な行動力が身に付く習慣術
 第4章:新たなものを創り出す習慣術
 第5章:打たれ強い人になる習慣術
 第6章:人を動かすリーダーになる習慣術

3)キーワード

 ・ランドセルサイクル
 ・積小為大
 ・着眼大局/着手小局
 ・守破離
 ・SL理論(Situational Leadership 理論)
 ・仕掛ける力/仕組む力

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2011年06月06日

[ 内容 ]
習慣とは、たとえば歯磨きのように、それをしないと気持ち悪い状態のこと。
コンサルタントの「習慣マネジメント」術を学べば、三日坊主を脱して、自然に頭が鍛えられ、ビジネス力を高める習慣が身につく。

[ 目次 ]
序章 コンサルタントの習慣術とは何か―レセプター(受容体)を開いて、常に進化...続きを読むするために
1章 習慣をマネジメントする―「習慣=それをしないと気持ちが悪い状態」を実現するために
2章 「考える力」を磨く習慣術―いつも「三つ」に分けて考える思考習慣を持つために
3章 「主体的な行動力」が身につく習慣術―ロードマップを描いて、着実に成長するために
4章 「新たなものを創り出す」習慣術―自分に刺激を与えて、パラダイム・シフトするために
5章 「打たれ強い人」になる習慣術―自分もチームも、逆境を乗り越えるために
6章 「人を動かすリーダー」になる習慣術―責任を全うする喜びを感じるために

[ POP ]


[ おすすめ度 ]

☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
☆☆☆☆☆☆☆ 文章
☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
共感度(空振り三振・一部・参った!)
読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

[ 関連図書 ]


[ 参考となる書評 ]

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年05月01日

キャリア形成を習慣の観点から述べた本
さすが文章がロジカルに組まれており、内容が理解しやすかったです

前半は目標設定技術などの基本事項
後半で独自のやり方を導くための方法について述べています。今回勉強になったのはこの後半

まず、キャリアをロードマップで描き、縦軸と横軸を設けるという手法。キャリア...続きを読むに必要な要素を基本スキル(プレゼン力・ロジカル力)・専門スキル(会計)に分けていたのが印象的でした

googleが行っている『1日2時間の発明の時間を設ける』も有用なスキルだと思います

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年02月14日

結構ためになるというか共感できる
内容が多数あり、著者のおごりもなく
読みやすい。一読の価値はあるかと・・。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年10月12日

コンサルタントに限る必要はなく、モノの考え方などを身につけるために、どうしたらよいかが述べられている。
・10,000時間を費やすことでプロになる。
・リーダーは、向いているとか向いていないとかではなく、リーダーという役割の仕事を行うこと。
・ランドセルサイクル(前の日に準備を終えておく。かかる時間...続きを読むは朝やるのと同じ。)
など、気づかされたことがいくつかあった。

[more]
(目次)
序章 コンサルタントの習慣術とは何か―レセプター(受容体)を開いて、常に進化するために
1章 習慣をマネジメントする―「習慣=それをしないと気持ちが悪い状態」を実現するために
2章 「考える力」を磨く習慣術―いつも「三つ」に分けて考える思考習慣を持つために
3章 「主体的な行動力」が身につく習慣術―ロードマップを描いて、着実に成長するために
4章 「新たなものを創り出す」習慣術―自分に刺激を与えて、パラダイム・シフトするために
5章 「打たれ強い人」になる習慣術―自分もチームも、逆境を乗り越えるために
6章 「人を動かすリーダー」になる習慣術―責任を全うする喜びを感じるために

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年08月04日

この本は本当に良い本だと自信を持って言える。なぜなら成功している人たちは必ず良い習慣というものを持っているということを明確に教えてくれるからだ。私自身も筋トレをはじめ様々な習慣を持っているのが全て成功しているわけでは無い。習慣化するためには、目的・目標・手段というものを一体化させる必要があると筆者は...続きを読むいうがこれはその通りだと思う。続けている筋トレに関しては手段としての筋トレそのものが好きであるから続けていけているのである。この習慣は決してやめずに続けていく。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年04月11日

これ、タイトルが読者層を狭くしてる気がする。
コンサルタントなんて文字削除すれば、もっと皆んなが読める内容だと思う。


最後の5%は読み飛ばしちゃいました

面白いデスよ。こういう本を批判する人もいますが、他人がどんな風に取り組んでるか知ることが出来るし。

まあ、習慣にするっていうのは、そんな...続きを読むこと当たり前って言ったらそれまでだが、とても重要ですよね。

あと、もっと地味でも細部まで見ないとだなって思った。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年08月16日

習慣にするための方法と、習慣にした方が良いことが両方書かれている。
割合だと、後者の方が圧倒的に多い。

なので、実際のところ、テーマごとにやった方が良いことが書かれている本。

習慣にするための方法は…目的・目標・手段をきっちり定義すること!

その先は、愚直に…


近道はないってことですね。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年07月24日

仕事を進める上での大切な習慣が紹介されている。キーワードは「一万時間」。これだけの時間を費やしたかどうかが、一流かどうかの分かれ目だという。継続する力は何よりも大切。

このレビューは参考になりましたか?