【感想・ネタバレ】世界不況を生き抜く新・企業戦略のレビュー

ユーザーレビュー

ネタバレ

Posted by ブクログ 2011年06月06日

[ 内容 ]
戦後最悪のマイナス成長が確実だ。
輸出産業が総崩れしたことを受けて「外需頼み」のもろさを指摘する声が相次いでいる。
しかし、反省すべきは「対米偏重」の貿易構造で、今こそさらなる海外展開の加速が求められているという。
気鋭のエコノミストが企業生き残り策を大胆に提言した意欲作。

[ 目次...続きを読む ]
はじめに 自国の内需拡大にこだわると日本経済は衰退する
第1章 「新グローバル戦略」の必要性
第2章 攻め込む消費マーケットとして、どこが有望か
第3章 高速鉄道ルネサンスで世界制覇
第4章 レアメタルの宝庫、アフリカ諸国を狙え
第5章 韓国企業の「成功」に学ぼう
第6章 日本企業がリードできる新分野は何か
おわりに 「アニマルスピリッツ」を発揮して、新・グローバル戦略を強化せよ

[ POP ]


[ おすすめ度 ]

☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
☆☆☆☆☆☆☆ 文章
☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
共感度(空振り三振・一部・参った!)
読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

[ 関連図書 ]


[ 参考となる書評 ]

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年07月01日

2008年9月のリーマンショック以降,輸出産業が総崩れしたことを受「外需頼み」のもろさを指摘する声が多いが,中長期で人口減少を続ける日本において内需主導の高成長は不可能。
早い段階で中長期的に有望な市場を開拓し,リスクを背負って果敢に新しいタイプのグローバル戦略を強化していく企業こそ「100年に1...続きを読む度」の経済危機を乗り超えられる。

というのがこの本における結論。

新日鉄,ファーストリテーリング,フマキラー等のグローバリゼーション戦略の説明や,攻め込む消費マーケットとしてどこが有望かどうかの分析は興味深い。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年06月19日

景気が悪いころに書かれた本ですが、ここ最近様々な所で語られている様々な話題について書かれています。

特に、日本のインフラの輸出、韓国の躍進、資源戦争、新興国の話題などは最近雑誌の特集などで良く出てくるので、読んでみると理解が深まると思います。

ただ、内容事態は普段経済誌を読んでいる人にとって...続きを読むは知っている話が多いかもしれません。

もっとこの本は売れてもいいような気がします。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年11月06日

知っていた大手がこんなことしてるんだな…と思った。
近年注目されている途上国がよくわかるね!
これからの国際経済を軽ーく知りたいならお勧め!
ちなみに私は最初は面白かったけど途中であきました。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年07月28日

2009年に出版された書籍ですので情報の古さは否めませんが、2009年当時に門倉さんが予想していた事柄と現状を比較してみるのも面白いかもしれません。イスラム教国々の政治的不安定と韓国経済の凋落は予測できなかった様ですが、書籍内に書かれている”有望な消費マーケットを見極める五つの基準”がわかれば専門家...続きを読むでなくてもある程度は予測できます。アフリカ諸国へのインフラ投資かな。。。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2010年11月07日

日本も韓国のように戦略をもって産業の振興にのぞんでほしい。
国が内向きのことばっかやってて、自分たちの利益ばっかり追いすぎて、結局国民の利益を減らしてしまっている。世界の中でやっていかれなくなる。
大局を見通せるスケールの大きな官僚や政治家を期待したい。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2010年05月19日

新興国市場へのアプローチ手法が書かれているが、事例としてあげられている企業が元来海外競争力を持つ大企業ばかりで、当然だが全ての企業に当てはまるわけでは無い。ただBRICs,VISTA各国の市場現状、特徴が纏められているので勉強になった。韓国企業のブルーオーシャン戦略についても理解することが出来た。

このレビューは参考になりましたか?