【感想・ネタバレ】上海金魚のレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2011年06月02日

これはガチで良かった…

序盤は設定的にドロドロかと思ってましたが、読み進めていくとなんとも爽やかで穏やかな作品でとーっても良かったです!!
今まで積読してたのを後悔…

「上海金魚」という題名通り、上海が舞台です
かわいさんというと、もう一作「上海」という題名の作品があるせいか、上海・京都・政界・...続きを読むときどき高校生なイメージがありますが
かわいさんの書く上海はすごく魅力的で、行ったこともないのに素敵な所だなぁと思ってしまいますw

金魚の描写も作品の雰囲気にぴったり馴染んでいて、しっとりとした素敵なお話でした

そして何より、かわいさんの書く大人しい受けって大好きなんだよね…!!っていうw
かわいさんファンは読むべしという一冊です

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年10月02日

出会いから始まった彼たちの恋は上海金魚ほど美しくて幻いのだ。最後の最後まだ会えたとはほんまに良かったよ!

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年10月04日

【あらすじ】 しっとりとした花のような色香を持つ水端佑季の恋は、初めて訪れた異国の地、上海で終りを告げた。男の狡さに気付きながら、嘘を信じていた佑季は突然の別れに傷付き、旅先で出会った男、滝乃と体を重ねてしまう。滝乃の包み込むような優しさに、つかの間の関係だとわかっていても、心惹かれることを止められ...続きを読むない佑季だったが…。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年10月04日

湿った空気な独特の雰囲気。
お話が凄く面白い。
話自体目新しさはないんだけど、読ませるんだこれが。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年11月10日

話を大きく動かすというより、しっとりと丁寧に心理描写してある作品だと思います。じんわりとした読後感。

このレビューは参考になりましたか?
購入済み

短いです

かむさび 2018年02月09日

異国で出会った二人が短期間で恋に落ちてしまうけど、何も約束のないまま別れる。頼みの綱は渡した名刺。で、名刺を渡された方はモヂモヂ、グルグル。そして再会しておしまい。短編です。異国情緒を楽しめます。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年08月28日

内容紹介
しっとりとした花のような色香を持つ水端佑季の恋は、初めて訪れた異国の地、上海で終わりを告げた。男の狡さに気付きながら、嘘を信じていた佑季は突然の別れに傷付き、旅先で出会った男、滝乃と体を重ねてしまう。滝乃の包み込むような優しさに、つかの間の関係だとわかっていても、心惹かれることを止められな...続きを読むい佑季だったが……。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年03月05日

こちらも古本で。スピンオフものを先に読んだので順番は逆だったけど、それでも十分でした。
ひっそりと控えめな地味受けが好きなので良かったです。
香港ではしっとりとした魅力を湛えていた受けが、日本ではメガネをかけアームカバーをして役場の片隅で仕事をしている。そんな周囲に埋没してしまうような受けを、攻めが...続きを読む見つけるシーンが特に好きです。夢物語みたいだったひとときの恋がにわかに現実になったみたいで。
かわいさんはこういうのが上手いなー。でもってそういうのがご他聞にもれず好きです。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2010年12月18日

恋人の上海出張について行く為職場に初めてのウソをついてきたのに、そこで恋人がいつも言っているように家庭が崩壊しかかっているというのは違う、と気づかされる佑季。旅行の日程を短縮して帰国するという恋人だけ帰し、自分は残ることを決める。
恋人が世話を頼んでくれた滝乃はその独特な包容力で佑季の塞いでいた気分...続きを読むを変えてくれ、、、。

これと言って序盤からガツンと事件があるわけではありません。
なのに、ものすごく作品にのめりこまされる。
それは多分、かわい先生が書くキャラが立っていてひとつの行動にしてもセリフにしても彼らが細かく描かれているからだと思います。
せっかく上海で仲良く慣れているのに連絡先を聞かずに分かれてしまって、どうなるの?!とドキドキしました。でも結ばれて良かった。
Hシーンの量的には少ないですが、しっとりふたりの気持ちがでていて良かったと思います。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2010年01月06日

【あらすじ】
しっとりとした花のような色香を持つ水端佑季の恋は、初めて訪れた異国の地、上海で終りを告げた。男の狡さに気付きながら、嘘を信じていた佑季は突然の別れに傷付き、旅先で出会った男、滝乃と体を重ねてしまう。滝乃の包み込むような優しさに、つかの間の関係だとわかっていても、心惹かれることを止められ...続きを読むない佑季だったが…。

【感想】
この本を読んだ後、妙に金魚が気になって、街のペットショップをちょくちょく覗いてました。リンク本は『透過性恋愛装置』。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年10月16日

透過性~を先に読んだので、このカップルの馴れ初めを知れたのはよかった。雰囲気がほのぼのしている二人。

このレビューは参考になりましたか?