【感想・ネタバレ】この日本人に学びたいのレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2012年01月05日

松尾スズキがある有名人を取り出し「○○に学びたい」と銘打ってどうでもいいことを語るエッセイ。

その有名人の話は導入だけでほとんど出てこず、
そっから思うことをタラタラと語る。
基本くだらない内容。

でもちょっとだけええことも言う。

●益子直美に学びたい
「身体障害者や、在日外国人た...続きを読むちを障害や差別の苦悩と関係ない役どころで、例えば通行人や隣のあんちゃんの役で、ドラマや映画に配役すべきである。彼らだって24時間そういう問題と戦っている訳ではない。」

●酒鬼薔薇聖斗に学びたい
「「頼むからこれ以上話をややこしくしないでくれー!」そう叫びたいが、現実とは、ほとんどがそういう意味ありげで実は意味がない「ノイズ」によって構成されているものだ。」

●松本人志に学びたい
「「2時間で書ける」氏はスポーツは文化だとおっしゃった。もちろんそうだろう。だろうけど、私はスポーツも勉強もできない奴をなんとか這い上がらせるシステムこそが文化だと信じたい。」

松尾スズキの舞台や小説には、いわゆる社会的な弱者や「ノイズ」が当然のように出てくるけど、それは上のような思想が根本にあるからなのかなーと思う。
んでそんなところに共感と面白さを覚えて、劇場やら映画館やらに足繁く通ってしまうのでした。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年04月25日

劇団「大人計画」主宰・松尾スズキのエッセイ集

様々な有名人が挙げられている。
ひとつひとつ語っていく程に気は長くないので簡単に言うと、スッキリと収まってくれない人々を通して、我々が無意識に掛けているフィルターを明らかにしているのである。

テリー伊藤のロンパリな眼、酒鬼薔薇事件と松尾スズキの周辺に...続きを読む存在したもっともらしいのに無関係な事実、坂井泉(ZARD)と蓮池幸子(お宝)、勝ち負けを背負わされる知念里奈etc

話題が尽く古いよと、それはまあ初版が1999年なので仕方がないのだが、その視点は相変わらず有効に機能するのだ、残念なことに。

それが存在していては現実が飲み込み難くなる、ならば「なかったこと」にしちゃいましょうか。そんなフィルタリング作業は、現在でもいたるところで行われている。
あの震災から一ヶ月たった今も、「がんばろう東北・がんばろう日本」な動きは継続しているが、「被災地の性処理は大丈夫か?何ならアタイが一本抜いてあげようか東北」という声は中々聞こえてこない。復興の物語の中に、その声は余りにもノイジーだから。不謹慎だから。
で、松尾スズキはそういったノイジーな、余分な要素をいちいち拾い上げ、観察し読者の前に提出する。

そして、その提出の仕方も周到だ。只でさえ飲み込みづらい余分なもの共を、笑い・バカバカしさ・くだらなさといったものでコーティングする。ニヤニヤ笑いながら飲み込んだ、くだらなくて無害を装ったそれらは、後から毒となって効いてくる。
非常に巧みな文章と、尖った笑いの感覚でひとしきり笑わされた後、自分が笑った諸々が何であったかに気づくことになる。その時、どんな顔をすることになるか。


ということで、とっても軽く読める愉快なエッセイ集です!
小説・哀川翔「コーナー、持てよ」がオススメ。
一時期ネット界隈で大ブームになった「おっぱい占いの歌」、「ペリー」で知られる宮崎吐夢の注釈も秀逸です。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年10月04日

読み忘れてたので、買いました。全て楽しく読みましたが、一番気に入ったのは、坂井泉水かな。松尾ちゃんの喩えがほんとに好き。いちいちおもしろい。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年10月04日

出てくる日本人は古いですが、あ、そこに目をつけるかという内容で、不覚にも笑ってしまいます。何の役にも立たない内容ですが、楽しい気分にしてくれます。やっぱり松尾さんは目の付け所が違う!

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年10月04日

大学時代に読んで、おもいっきり笑いました。
ほんとはロッキングオンから出てる黄色い方を持ってます。これは文庫本です。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年10月04日

松尾ちゃんの本の中でもかなり好きです。『ギリギリデイズ』もそうだけど、注釈がいちいち笑える。坂井和泉に学びたい、なんて本当に電車で笑いをこらえるのに苦労しました。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年10月04日

「生きることのなんにもなさに耐えようぜ〜」という趣旨には同意。ネットが今ほど普及してなかった当時に「ネットのダメなところ」について言及している箇所が面白い。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年10月04日

ウケる技術の中の人大絶賛の、松尾スズキのエッセイの中でも一番ないす。
でてくる人は正直ジェネレーションギャップのせいか知らない人ばかりなのだが、あの、松尾スズキのおもしろがりよう。長い人生、"おもしろがる"スキルって大切だと思う。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年10月07日

あー、松尾さんは体張って仕事してんだなと思いました。そしてやっぱり私はこの人の考えていることがよく分かりません。でも好き。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2010年11月13日

内容は
松尾スズキが30歳くらいの時の連載エッセイを
まとめたもので、要は、特定の芸能人を
毎回ピックアップし、突飛な部分などを
驚きつつ笑いつつ記してある……けど
んまーあんまりおもしろくなかったかな。
相当古いネタが多いので、下に宮崎吐夢氏による
注釈があるのだけど、若い子はわからないだろうな。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2010年10月14日

松尾スズキの書く文章は面白い。
超くだらないことを
一生懸命考えて
妙に綺麗な知的な文章にするから
面白い。
しかもエロい。イイオヤジの癖にww

人生前向きに、楽しく、くだらなく生きていこう。
そんな感じの本。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年10月04日

本来なら松尾3大名作コラムのうちの一冊であるが、この文庫版は単行本版に比べていくつか削除されている箇所がある。それだけなら文庫化の宿命ともいえるが、「知念里奈に学びたい」における終盤部分の大幅削除は、文意すら大きく損ねるほどのとんでもない処置。最初、落丁かと思ったほどであり、超・超・不満。「文庫化」...続きを読むというものが信用できなくなった。最悪。

このレビューは参考になりましたか?