【感想・ネタバレ】三毛猫ホームズの犯罪学講座のレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2018年06月10日

F学園大学の裏手にある女子学生会館の非常階段から男子学生・春日が墜落死した。その夜、警視庁の片山刑事の自宅に「春日は殺された」という不審な電話が。翌日、片山は課長の代役で、なんとF大で三日間の特別講義をするはめになる。その二日目、議義の最中に、天井から鎖でつるされた女の子の死体が下りて来て…。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年01月06日

読書録「三毛猫ホームズの犯罪学講座」3

著者 赤川次郎
出版 光文社

P13より引用
“そして……車の屋根がみごとに凹んで、そこから人間の両足が
ぴょんと突き出ているのが、何だかこっけいな感じだった。”

 目次から抜粋引用
“秋の夜長に
 頬の涙
 大人の時間
 男の顔
 窓”

 警視庁捜査...続きを読む一課の刑事とその妹、そして三毛猫ホームズの3人家
族を主人公とした、長編ミステリー小説。人気シリーズ第20弾。
 ささいな言葉のアヤで喧嘩となった大学生のカップル、彼女の
忘れ物を渡そうと男が車から出たその時…。

 上記の引用は、冒頭のシーンの一文。
こういう描写を読んで思い出すのは、犬神家の一族かと思います。
人が逆さまになって、上半身は突き刺さっていて脚だけが天を向
いている描写は、日本ではいつまでも犬神家のあれと言われ続け
るのかなぁと思いました。横溝正史氏の業績の大きさを感じます。
 今作は他の同シリーズと比べると長く、より長編らしい作品と
なっています。それでも気持よく読み進められるのですから、途
中で疲れることはないのではないでしょうか。

ーーーーー

このレビューは参考になりましたか?