【感想・ネタバレ】ミミズは切られて痛がるか~生き物の気持ちになった生物学~のレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2012年10月02日

「ミミズは切られて痛がるか」4

著者 奥井一満
出版 光文社

p100より引用
“そして、これだけ長い間、生き続けてきたのは、そうとうによ
くできた設計だったということになる。”

 動物行動学者である著者による、独特の視点から生物について
の考えを記した一冊。
いたずらするオランウータンから著...続きを読む者の家の犬についてまで、著
者の素直なようでひねくれ気味な意見が書かれています。

 上記の引用は、ゴキブリについての項の一文。
完成度の高いものであるならば、無理に進化したりする必要はな
いのかも知れません。私の好きなゲームで例えるなら、ゲームの
コントロールパッドは、PSのデュアルショックやWiiのクラシック
コントローラPROあたりで完成なんじゃないかなと思います。
 p223からの第18章は、著者と彼の家の犬との関係について書か
れています。家族とうまくやっていくには色々と苦労が多いのは、
どこの家でも同じなようです。

ーーーーー

このレビューは参考になりましたか?