【感想・ネタバレ】[新装版]人を活かす経営のレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2017年09月18日

社長になって17年、今になって読むのも恥ずかしいものですが(^^;、それでも「人は忘れるもの」と書かれていたように、繰り返し自分自身に言い聞かせ、自分を説得しないといけないわけですね。松下さんの話は平易で具体的で、それでいてどれも 「信用」 を大切にした経営の原理原則になっていて面白いです。決してバ...続きを読むシバシ決めるのではなく、時には悩み、時には自省しながらのエピソード。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年04月30日

いまさらながら松下さんの本を読む。

松下さんの小さい頃の話や仕事における経験談が小さい項目ごとに書かれていて非常に読みやすく、また大いに参考になりました。

他のも読んでみないと!

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年09月24日

長い間読み続けられる書物というのは
それだけの理由があるものである。経営の神様といわれた松下幸之助の著書もその一つであろう。
私はいままで松下幸之助の本は難しいものと思っていた。ところがこの本は、一話が4ページ程度のエピソードにまとめられており、専門用語などはまったく出てこない。なお感心したのは文章...続きを読むのなめらかさである。例えば⭕⭕とは時に❌❌である。私が丁稚奉公に行ってた頃は・・・
むかしばなし調にも聞こえるこの語り口調に興味を惹くのは偉大な人物であるという先入観もあるだろうが、誠実な人柄が伺えるからでもある。
時代を超えて役に立つエピソード
満載の一冊である。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年10月04日

■言わずと知れた経営の神様、松下幸之助の本。
■丁稚奉公時代から起業当時、成長期、不況時代等に本人が経験した体験談を通し、"人"を中心に据えた経営の基本が語られている。
■経営者を目指す方にオススメ、というか必読の本。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2010年03月26日

素直に、心を打たれるエピソードが集まっており、楽しく読めた。
気の持ちよう、考え方の違いで、同じ事柄が全く違った行動や結果を生む。
シンキングスキルの大切さを感じた。
やはり、松下幸之助
人格者である。
・熱意が人を動かす
・説得なき説得
・確信あればこそ
・心はどのようにも動く
・その気にさせる
...続きを読む・心の転換をはかる

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年06月20日

著者のエピソードと通して経営とはを説いています。
読んでいて著者の信念を感じましたね。なかなか実践できる経営者は少ないとは思いますが。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年07月31日

経営の原点を見た。

真剣に経営を考える。
真面目に誠実にお客に対する。
へつらうだけではなく、節は曲げない。
従業員に対しても本気で向かい合い、信じて仕事を任せる。
経営者として自信を持てるように努力する。

極めて当たり前のことが真面目に書かれている。本質的なので、読みつがれる名著なのだろう。

このレビューは参考になりましたか?