【感想・ネタバレ】こんな女房に誰がした?のレビュー

ユーザーレビュー

ネタバレ

Posted by ブクログ 2012年12月01日

主に、きみまろの半生が書かれていました。

 きみまろって、ジジババに受けているっていうイメージが大きかったのだけれど、この本を読んで、なんてまじめな人なのだろうと胸を打たれました。
 きみまろの言うように、「要領よく生きられればいいのかもしれないけれど、そうはしたくない。自分の信念を貫きたい」とい...続きを読むう気持ち。なんかちょっとわかる。
 人にこびたり要領よく生きなくても、時間がかかったけれども世に出てたくさんの人に愛されているきみまろが、とても実直でよい生き方をしている人だなと考えさせられた。

 なかなかどうしていい本だった。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年07月26日

「こんな女房に誰がした?」4

著者 綾小路きみまろ
出版 PHP文庫

p40より引用
“「諦めずに、同じことを続けていれば、
いいこともある。」”

中高年を題材とした漫談で有名な著者による、
下積み時代の経験を活字にした一冊。
2003年に刊行されたものの、
改題文庫版。
ネタでもおなじみの中...続きを読む高年夫婦の事から、
自身の今後の身の振り方についてまで、
しみじみと書かれています。

上記の引用は、
著者の父親がよく言っていた一言。
何事もやめてしまわないで続ける事が、
一時上手く行ってサッとやめるよりも大切と言う事でしょうか。
潜伏期間30年と謳う著者がこの言葉を使うと、
大変説得力を持つというものです。
いろんな若手が出ては消えていくお笑いの世界で、
派手に目立たずとも長年継続してきた著者の一言一言は、
しっとりとしていながら明るくおもしろく、
考えさせてもらえます。

ーーーーー

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年12月24日

4-569-66393-1 215p 2007・7・19 1版34刷
○言葉の中身を吟味するには年齢を重ねて初めて笑える部分が多いと思います。
そうじゃなくても、解説の安住紳一郎さんが書かれてますが
安定した言葉のリズム感という
これは中々出来ない技術です。
うまいなあと思います。

このレビューは参考になりましたか?