【感想・ネタバレ】彼女の朝 おいしいコーヒーのいれ方 IIIのレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2014年08月22日

勝利が、かれんのことをとても大切にしている感じがいいです!
マスターにも、ちゃんとプライベートがあって良かったです。本作中にも出てきたように、マスターというとマスターのイメージしかなかったので、ほんのりしました。
中沢氏と、星野……今後波乱になりそうな予感がしますが、続き読みたいです!

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年06月25日

相変わらずのキュンキュン製造機。

「美人で、トロいけど性格良くて、家事はできないけど情にもろくて、運動が苦手だけど好奇心旺盛」とか、どんな最強設定だ。
しかも自分が19歳で相手が24歳って…

とりあえず、かれんとショーリには今回のような純潔な関係でいてほしいと願うばかり。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年12月07日

勝利がどんどん俺様になっています。笑
後半にかれんが積極的になるのは、共感してしまった!笑
勇気出したんだろうなぁ…

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2013年03月16日

ラブコメお約束の合宿での接近、二人の気持ちのすれ違い、そして仲直り。気がついているのか、知らないふりをしているのか分からないお母さん、そしてうまくいかなかった初体験。それでも今回はベタベタのラブシーンの連続でした(^_^;)

そして今回一番よかったのは「文庫版あとがき」そうそう、向いていない人が幹...続きを読む部になって、決断をし、嫌われ役を引き受け、さらにプレイヤーとしての活躍も必要とされる立場になると、すごいいろんなことが学べます。そうなんですよね。「人の意見に対して柔軟であることと、優柔不断であることとの違い」「自分の意見をしっかり持つことと、自己中心的であることの境い目」「複数の選択肢を前にして迷っても、いったん決めた自分を信じる強さ」「それでも決定的に間違ってしまったと気づいた時に、謝るだけじゃなく次の方法も考えられるしぶとさ」
自分はずっと向いていないリーダーを任された状態が続いています。同じ思いを感じました。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年10月29日

複雑な環境のなかで恋する二人の物語に夢中になって読みました。ハラハラしたり、暖かい気持ちで読めたり、と様々な場面にとても惹きつけられたシリーズの一つです。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年09月19日

おいしいコーヒーのいれ方のパート3です。

彼氏・彼女の関係を回りに言う事ができない…それは秘密という名の甘い蜜…とかそんな問題じゃないですね。切な過ぎる!ますますますお姉さんが魅力的に見えそうですw

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年07月04日

せつなーーい(*´ェ`*)

大人になってから読むから
いいのかもしれない(*´∇`*)

恋ってこんなに
ドキドキで切なくて
純なんだなあ。。。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年07月26日

このシリーズを読むと自分までかれんやショーリの年代に戻ったようでドキドキしてきてしまいます。ショーリと同じ年の息子を持つ母なのに…それを言ったらおしまいですね(苦笑

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年07月31日

じれったいけど、ありかな?と肯定的に見れました。うん。なんか、ショーリが、我慢しちゃうとこが、本当イジらしくて、本当に相手を大切に思ったら、こんな感じかな?と思うと…もう、忘れ去った過去の自分を照らし合わせて、切なくなる。大丈夫。私、幸せだし。でも、かれんも、幸せだな…

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2020年03月08日

遠方のデート、そして宿泊。
初々しい男女の恋物語。歳が離れていようと、世間の目がどうであろうと関係ない。絶対に手放さないという思いが犇々と伝わってきます。
次巻で、徐々に歯車が狂わせる予兆が出ている。長い恋の終焉はどうなるのか・・楽しみである。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年11月02日

勝利とかれんとの仲は大きな進展を見せないまま夏休みに入り、勝利は合宿のためにかれんと離れなければならなくなります。そんな彼にりつ子が積極的にアプローチを開始します。

合宿を終えた勝利は、かれんといっしょに、彼女の実母である鴨川のおばあちゃんの元を訪れます。そしてその夜、かれんは今日は家に帰らないと...続きを読む勝利に告げ、二人はペンションで一夜を過ごすことになります。

現在の著者は官能描写を含む小説も執筆していますが、もちろんベタ甘な純愛をえがいた本作ではそうした展開になることもありません。19歳の男と24歳の女という設定ですが、二人ともキャラクター的な人物造形になっているので、ここまでの作品世界を受け入れてきた読者にとっては安心感をおぼえる展開になっています。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年02月05日

通勤の行き帰り1時間で読めた。とてもあっさりさっくり、気楽に読めるしそれなりに面白く、エンタメ性に富んでいる。ピュアな二人が面白い。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年07月08日

あー、星野りつ子さんが苦手だ。
大体の恋愛小説で素直に主人公を応援してしまう私は、主人公を邪魔する者が鬱陶しく感じる。
最初に出てきた時にりつ子さんはライバルになると分かったから、それ故に意識しないようにしていたのに、やはり苦手。
勝利ももっと危機感を持ってくれたら・・・と思うけど、逆に何も意識して...続きを読むいないからなのかも。

それにしても勝利とかれんの会話が可愛い。かれんは24にしては少女のような喋り方をするし、勝利は未成年と思えないほど懐が深くよく気が利く。こんな素直に気持ちを伝える男の子、いるのかな。

鴨川旅行の場面が好き。特に海で泳ぐところ。全部がきゅんきゅんする。
ペンションで「和泉かれん」と書いた勝利。かれんのことを思いやって行動していることがよく分かった。

20170706

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年06月26日

このシリーズは、何か印象的な場面があって、それがとても心に響く、というのではなく、まるで登場人物たちをすぐそばで見守っているような気分になる作品だ。
だから、読み終わった時に物語の余韻にどっぷり浸るということはないのだが、その分シャワーを浴びるように作者の描く雰囲気に飲まれていく。
それが心地よくて...続きを読むいい。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年06月17日

テレカ、でてきました、いいですね。懐かしいですね。携帯電話なんかなくていいんだよなー。煩わしいだけ。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年03月01日

進展しているようで、進展していない二人の間に
またしてもややこしい人間関係が。

いや、親戚ですけど(笑)
どこへ行っても、姉弟にしか見られないジレンマ。
就職するまで、相手を待たしてしまうわけですし
言ったら確実に反対されそうですし。
かといって…という、完全ループ。
大概に邪魔する人は出てくるし...続きを読む

恋愛をすると、楽しい事もあるし、ややこしい事もあるし。
怒涛のようにやってくるのは、年齢のせいでしょうか?w
とりあえず、盾にしてやり過ごすべきか
お断りしてもらうべきか。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年08月19日

進展したようなそうでないような。前回の勝利キャンパスライフは懐かしい感じがしたけど、段々星野りつ子と原田先輩のキャラが鬱陶しくなってきました。
それもこれも勝利がハッキリしないせいなのかもしれませんが。
ビデオ屋のシーンは笑いました。ご愁傷様ですとしか言いようがないです。やっぱり丈は良いパス出します...続きを読むね。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年12月25日

とてもゆっくりとしたペースですね。
でもそれがまたいいとも思います。

なんか読んでいてとてもむず痒くなりました(笑)

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年06月03日

おいコーシリーズ、第3段

ショーリのリツコへの態度に不信感

いくら酔っ払っていてもそれは違うなぁと思う

相変わらず大学の頃の自分と今の自分の感じ方に驚かされる

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年01月17日

カミさんに言わせると、いい年してこんな本よんでるの?ってなことになるわけですが、気持ちは青春まっただ中の私としては、こんな青春純情恋愛小説は大好きなわけで、ますますイライラしてくる展開に、ヤキモキしながらも、思わず電車の中で笑ってしまうわけです。

ついに二人でお泊まりのチャンスにも、悶々と過ごすシ...続きを読むョーリと、そんな気持ちを知ってか知らずか、お預けを食らわすカレンちゃん。

誰がなんと言おうと、続きが読みたい。

このレビューは参考になりましたか?