【感想・ネタバレ】最後の夜に 富豪一族:知られざる相続人 IIIのレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2009年10月04日

富豪一族:知られざる相続人シリーズ三巻目。
フォーチュン家の知られざる相続人たちが織りなす愛の物語。
億万長者フォーチュン家の娘だったミランダが、十代の頃に家出したあげくに置き去りにしてしまった双子のうち弟にあたるジャスティンがヒーロー。
小学校で教師をしているヘザーと、ミランダに捨てられたあと里親...続きを読むの元を転々としたあげくに自力で成功したジャスティン。二人は結婚し幸せに暮らしていたもののヘザーが流産したことでぎくしゃくとした関係になり、ジャスティンは家を出た。しかしフォーチュン家の人々との再会によって、ジャスティンはもう一度ヘザーとやり直す気持ちになりヘザーの家を訪ねる。だがジャスティンが出て行く前の晩の行為によってヘザーは再び妊娠しティミーを授かっていた。そして、そのことはジャスティンには告げていない。
家を出ていく前に“よーく考えよう”ということだろうと。そして他のHQ物でもそうなのだけど、父親の権利というのがだいぶ大きいように感じる。もし日本であれば、一年も連絡をしなかったのに、いざ知った途端に父親の権利を声高に主張するのはいかがなものかと。もちろん知らせるべきことだったのだろうとは思うけれど、することだけして出て行った男にそこまで気を遣ってやる必要性は、あんまり感じない。
とにかくお互いに非を認め合い、信頼を再び結びあうことで解決。

このレビューは参考になりましたか?