【感想・ネタバレ】父性の復権のレビュー

価格 814円 (税込)
3.8
6件

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2009年10月04日

母性の復権と同様に その 必要性とあり方を 教えてくれる本です。 現代社会に 決して 過言ではなく 正に欠け過ぎている部分を 訓練するならば 補える事を教えてくれます。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年12月22日

規則規律について説教を受けているようなところもあって、気が引き締まる思い。昔はこのようなことを言われるような機会があったんだろうな。「子供は親の背中をみて育つ」と言われるがそれは逃げ。子供の方と向き合う。また、まず妻として夫を尊敬しなければいけない。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年06月16日

今に忘れられた男と女の違いをはっきりと説く反動性は潔いものだ。男の「構成力」についての言及や、権威主義的パーソナリティーの考察は十分に読みどころがある。戦中派云々については少々雑な記述が目立った。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2011年03月31日

[ 内容 ]
父の役割は家族を統合し、理念を掲げ、文化を伝え、社会のルールを教えることにある。この役割が失われると子どもは判断の基準、行動の原理を身につける機会を逸してしまう。
いじめや不登校が起こり、利己的な人間、無気力な人間が増えるのもこの延長線上にある。
独善的な権威を持って君臨する家父長では...続きを読むなく、健全な権威を備えた父が必要だ。
父性の誕生とその役割を家族の発生と社会の形成との関連から検証し、父性の条件を探る。

[ 目次 ]
序 父性なき社会
1 父性はどのようにして生まれたか
2 子どもの心理的発達と父性
3 父性の条件
4 父性の権威
5 現代社会と父性
6 父性復権への道

[ POP ]


[ おすすめ度 ]

☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
☆☆☆☆☆☆☆ 文章
☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
共感度(空振り三振・一部・参った!)
読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

[ 関連図書 ]


[ 参考となる書評 ]

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年03月26日

哲学の授業の教授のお薦め。
で読破後に、先生がお薦めしてくださったのはこちらの姉妹版(?)「母性の復権」であったことが発覚。ギャ。
「父」の作り方。
お父さんにも読んで欲しい、妻であるお母さんにも読んでほしい。父嫌いの娘さんによんでほしい。もうすぐパパにあるそこの若造に読んでほしい。
ベイビ...続きを読むーでもできたらペアで買いましょうか。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年09月22日

父性≠父親が必ずしももっているもの
という考え方をもとに、育児における父性の重要さを説明している。

規律を教えることの大切さ。共感だけではいけない。
今の若者の「無気力さ」も父性が欠けていることが関係しているのではないか。

終戦で価値観の変容を求められて、権威から離れようという意識がおこって、そ...続きを読むれで父性が表に出にくくなった。その流れは理解できる。
ただ、夏目漱石などの小説を例に挙げて同じようなことを説明するのであれば、
そのころ失われていた「父性」が戦時中になぜ表に出てくることになったのかが、ややわかりにくさが残った。


育児において、あたたかな接し方と、毅然とした態度の双方が重要。そのことがよく理解できる本だと思う。

このレビューは参考になりましたか?