岩崎純一のレビュー一覧

  • 私には女性の排卵が見える 共感覚者の不思議な世界
    著者が、女性の排卵日を含めた周期が色覚や聴覚などを伴った見える、いわば共感覚について記した一冊。
    そして、単に共感覚に対しての説明にとどまらず、古代の日本人や動物にはこの手の感覚はあり、むしろ現代人男性に失われた感覚だという問題提起をしている。

    自分にその手の感覚がないので、実体として捉えるのは難...続きを読む
  • 私には女性の排卵が見える 共感覚者の不思議な世界
     幼少期から現在に至るまでに、女性の月経や排卵を感知する不思議な感覚を持っている著者。
     彼が語る、経験した不思議な世界と、そこから女性の「つきのもの」にまつわることや共感覚を思索している。
     内容は女性に関して、古代の男性に対して、さらには和歌に関してなど多岐にわたっているため、若干とりとめのない...続きを読む
  • 私には女性の排卵が見える 共感覚者の不思議な世界
    ぎょっとするタイトルである。

    女性の性周期が分かる“特殊”な感覚への好奇心と、最近本を読むとたまに出てくる「共感覚」への興味から購入した。

    女性の排卵や生理を知覚できるという筆者の言葉に最初は抵抗を持つの
    だが、読み進めるうちに、筆者の主張するように、それはもともとどんな男性にも備わっていた感覚...続きを読む
  • 私には女性の排卵が見える 共感覚者の不思議な世界
    題名を見たら一見トンデモな感じですが、読んでいくと本当にそうなんだろうなーと思えてきました。もっと自分自身の感覚、感性とちゃんと向き合いたいと思いました。
  • 音に色が見える世界 「共感覚」とは何か
    授業中に声に色がついているという学生がいたときに買った本。共感覚者の日常面白話ではなく,数少ないという男性共感覚者が成長してきた過程,言語と共感覚の関係,ヒトという種の機能としての共感覚が述べられている。
  • 音に色が見える世界 「共感覚」とは何か
    著者は共感覚保持者の一人。
    それも音や文字に色が見えるどころか、女性を見ると黄朽葉色の帯をまとったようなもの見えたりと、あらゆるものにそれぞれの色を感じるといいます。

    「感じる」といっても、例えば同じ重さの白と黒のボールを持ったとき、なんとなく黒のほうが重く感じる「異種感覚連合」や、女性の甲高い声...続きを読む
  • 音に色が見える世界 「共感覚」とは何か
    共感覚をもっとしりたくて、題名が良かったので読みました。
    共感覚者が書いた本なので、解りやすい面もあった。(世界がどのように見えているかなど)
    著者が伝えたい事と私が知りたい事が一致しなかった。
  • 音に色が見える世界 「共感覚」とは何か
    [ 内容 ]
    一般の人々にとって「ミカンが黄色い」のと同じように、E音は青緑色に、F音は紅色に、著者には感覚される。
    単音だけでなく、和音や音楽全体にも、色や形を感覚している。
    比喩や連想ではない。
    五感が混じりあった、未分化の世界。このような感覚世界を「共感覚」と呼ぶ。
    本書では、当事者の視点から...続きを読む
  • 音に色が見える世界 「共感覚」とは何か
    共感覚というものを知って興味を持って読んだ本。
    「音に色が見える」、「文字に色が見える」という感覚は、非共感覚者の自分にも比較的理解しやすい気がした。
    古語や他外国語にも言及している点が興味深いと思った。