中森勇人のレビュー一覧

  • 関西商法に学ぶ商売繁盛のヒント
    今を遡ること十数年前、失業率の底打ちをテーマに卒業論文を構成し、関西に根差す 企業分析を試みた経済学部のマスダクンに贈ってあげたい一冊。

    イノベーションやマーケティング、企業理念といった言葉を、全て関西のコトバに置き換えてテーマ別に企業が分類されている ところも心憎い。

    寺院向け卒塔婆プリンター...続きを読む
  • 心が折れそうなビジネスマンが読む本
    「チェンジやチャレンジはほどほどに」「閉鎖的な職場ではちっぽけな正義感なんてなんの役に立たない。見て見ぬ振りをすることも必要」
  • 心が折れそうなビジネスマンが読む本
    うつ病になった筆者が題の通りに「心が折れそうなビジネスマン」へ経験談とメッセージをつづった本。

    本屋でこの本に目がとまった人 = まさに心が折れそうな人は、ぜひ読むべき本だと思う。

    内容は、いってしまえばありきたりで
     ・がんばりすぎない
     ・あなたがいなくても会社は回る
     ・「うつ」のサインに...続きを読む
  • 心が折れそうなビジネスマンが読む本
    ◆ 「あなたがいなくても会社は回る」という言葉で少し気持ちが楽になりました。
    ◆ 環境が変わりいろいろなプレッシャーがかかる中、落ち着くきっかけの一つになりました。
    ◆ ただかなりアクティブな方なので、少しシンクロしづらい部分はありました。
  • 心が折れそうなビジネスマンが読む本
    私よりちょっと上の世代、いわゆるバブル世代の方の本なので、自分にも当てはまる内容だったので参考になった。仕事で他の人に迷惑をかけたらいけないと、自分の能力以上のことをやり、それができないと辛くなる。さらにまわりが自分を責めたりすると、心がボキッと折れる。辛くなったら途中で投げ出してもよい。投げ出さず...続きを読む
  • 心が折れそうなビジネスマンが読む本
    読み物としてはおもしろく、あっという間に読めました。ただ、実感は何も惹き起こされませんでした。ワークとライフをきっちりと2分して、仕事がきつすぎるときは、しなやかに調整を入れていこうといっても。。。かえってこういった責任感の認識が「うつ病」リスクなのかもしれないのですが。
  • 心が折れそうなビジネスマンが読む本
    タイトルでは「折れそうな」ですが、

    実際に「折れた」方が著者です。


    昨日の今井氏の著書 同様に経験者が語る内容ですので

    真実味たっぷりです。


    その中でも

    「社外のパイプをつくり、いざというときには頼れる仲間をつくろう」

    というところが、昨日の今井氏の著書と重なりましたね。

    社内では...続きを読む
  • 心が折れそうなビジネスマンが読む本
    (2010年10月5日より読書開始)
     自らの闘病経験を交えて書かれた「頑張り過ぎない生き方」への指南本。
     自己啓発本にありがちな「社外に人脈を」とか「複数の名刺を持て」という記載もポジティブな観点からではなく、有事の際のセーフティーネットの観点から書かれているのが面白かった。
     ただ、記載の多く...続きを読む
  • 心が折れそうなビジネスマンが読む本
    昨年から、結構心が折れそうな場面が多く訪れております。最近はようやくそんな状況に慣れてきたかな、って感じですが。なれるというのは本当にいいことなのか、よくわかりません。気持ちの整理がしたくて、本書に目をつけてました。立ち寄った書店になかなか無くって、ようやく購入できました。