木村和美のレビュー一覧

  • ポジティブ・イングリッシュのすすめ 「ほめる」「はげます」英語のパワー
    何かの雑誌で紹介されてて気になって購入。
    めっちゃいい本!(●'ω'●)
    単に英語っていうか、アメリカのcomplimentの多い文化、それによって引き起こされる素敵なひととき。とか。
    英語喋りたい!英語でcompliment言いたい!ってどんどんその気になる。
    でもこれって日本語でも同じですよね。...続きを読む
  • ポジティブ・イングリッシュのすすめ 「ほめる」「はげます」英語のパワー
    何度でも何度でも読み返したくなる「ほめる英語表現」の本。

    ポジティブな形容詞のニュアンスの違いの一覧、映画や著名人から学ぶフレーズ、そして実践編までの指南が書かれています。

    著者の木村和美さんが、大学1年次の英語担当教諭だった縁で購入。
    先生の授業で扱ったDale Carnegie”How to...続きを読む
  • ポジティブ・イングリッシュのすすめ 「ほめる」「はげます」英語のパワー
    いい本だと思います。英語表現のほめ方を通じて、日本語との違い、考え方の違いを実感しました。I'm proud of you. という表現は日本語にないけどすごくいい言葉だと思います。
  • ポジティブ・イングリッシュのすすめ 「ほめる」「はげます」英語のパワー
    英会話も日本語での会話も共通するものが必ずある。
    相手を褒めることから始めるのは、コミュニケーション
    を円滑に進めていく上で必須のことである
  • ポジティブ・イングリッシュのすすめ 「ほめる」「はげます」英語のパワー
    日本と欧米の文化の違いを述べた本。

    日本ではNOがYESと解釈されることがあるが、欧米ではNOはNOだしYESはYES。

    日本人のように、夫が人前で妻を卑下するようなことは、欧米人にとっては言語道断なのである。

    再読の価値あり。
  • ポジティブ・イングリッシュのすすめ 「ほめる」「はげます」英語のパワー
    内容は、ちょっと想像していたのと違っていて、「褒める」「励ます」に対する日本語と英語の違い、その背景にある国民性の違いが紹介されています。第一部の入門編はアルプスの少女ハイジの「いいところさがし」を思い出してしまいました。

    『本書のターゲットは、一通り英語を勉強したつもりなのに、実際に仕事や旅行、...続きを読む
  • ポジティブ・イングリッシュのすすめ 「ほめる」「はげます」英語のパワー
    相手に対して褒めたり励ましたりすることによって、英語でのコミュニケーションが深まるということを、主眼において書かれた、英会話入門の本。
    実際に単語や文法は初級のもので、日常生活に利用できる多くの実例が載っていて、下手な英会話の本よりもはるかに使える。