南本史のレビュー一覧

  • 最後の授業
    私がここで、フランス語の授業をするのは、これが最後です。普仏戦争(1871)でフランスが負けたため、アルザスはプロイセン領になり、ドイツ語しか教えてはいけないことになりました。これが、私のフランス語の、最後の授業です。

    フランス語は世界でいちばん美しく、一番明晰な言葉です。そして、ある民族(フラン...続きを読む
  • 最後の授業
    小学校上級生向けの本。一部の漢字はひらがなで、解説もかなりわかりやすくされている。

    ただ少し偏見がある気がした。
  • 最後の授業
    ぼくの時代はまだ「最後の授業」が教科書に載っていた時代。まあこれを読んで「授業を大事にしよう」とは思わなかった。むしろ「感動させる授業をやってみろよ」って感じだった(笑)。

    教科書の方は教科書的編集が行われていたのか、今回読んだ短編ではちょっと印象がぼやけてしまっている感じがした。

    他にもまあ面...続きを読む
  • 最後の授業
    ドーデの短編集『風車小屋だより』および『月曜物語』から、児童用に比較的わかりやすい作品を選んで訳してある。児童向けなので平易な文章で書いてある。訳者解説も分かりやすいので好印象。
    「最後の授業」を高校生の頃、断片的に英語で読んだのをふと思い出して読むことにした。児童用でない翻訳も読んでみたい。

    ...続きを読む