ラズロ・ボックのレビュー一覧

  • ワーク・ルールズ!―君の生き方とリーダーシップを変える
    考え方としては、最近読んだ「ウォーフォータレント」の内容に親しいところがあったが、失敗事例も含めて、「あのグーグル」が、どう試行錯誤し、どうしているのか、というベストプラクティスがふんだんに盛り込まれているところが良い。
    本書内にもあるとおり、そこで取られている施策の大半はコストもそれほど掛からない...続きを読む
  • ワーク・ルールズ!―君の生き方とリーダーシップを変える
    Googleのミッションだったり、透明性、権限の考え方は参考にしています。
    科学的な採用手法はすごく勉強になります。
  • ワーク・ルールズ!―君の生き方とリーダーシップを変える
    田端大学の課題図書という事で、オンラインサロン未加入者ですが、読んでみました。
    Google人事がわかる内容になっており、Googleがここまで大きく発展したのも、バックヤードの社員が、Googleの理念と社員の発展・ライフスタイルを重視し、取り組んだことが貢献しているのでしょう。
    社員一人一人が経...続きを読む
  • ワーク・ルールズ!―君の生き方とリーダーシップを変える
    私が仕事に情熱を持てる理由を分析できた。
    一つ。我社では稀有な客を見たことがある珍しい社員だから。奨学金ブログラムとその後の事例は納得だ。

    一万時間の法則。タイガーは同じショットを繰り返して体に染み込ませた。所望の動作を細かく分解し、その細かい動作を熟考できるまで。私の絵のアプローチと同じだ。これ...続きを読む
  • ワーク・ルールズ!―君の生き方とリーダーシップを変える
    大変参考になる示唆が凝縮されている。No RatingやOKRなど、昨今流行りとなっている事を含め、評価・育成周りについては特に興味深い。一点、Google以外の企業が福利厚生を含めた制度を真似できないのは資金があるからではなく、採用に力を入れて優秀な人材が集まっているからというのは大きいと思われる...続きを読む
  • ワーク・ルールズ!―君の生き方とリーダーシップを変える
    翻訳文は読みやすく、すらすらと頭に入ってくる感じだった。
    もっとも、米国人的感性のギャグに注が付されたりしていて、
    翻訳文ではなく、文化の違いでちょっと立ち止まることもあった。

    記されていることは明快で、人事施策をどのようにグーグルが講じてきたのか、
    ひとつひとつ丹念に、時折、諧謔を挟みながら、テ...続きを読む
  • ワーク・ルールズ!―君の生き方とリーダーシップを変える
    『「世界中の情報を整理し、世界中の人々がアクセスできて使えるようにする」

    この種のミッションが個人の仕事に意味を与えるのは、それが事業目標ではなく道徳だからだ。歴史上きわめて大きな力を振るった運動は、そこで求められたものが独立であれ平等な権利であれ、道徳的な動機を持っていた。こうした考え方を拡張し...続きを読む
  • ワーク・ルールズ!―君の生き方とリーダーシップを変える
    数万人という規模の会社になったことを考えても、
    この本を読んで学ぶことがない人なんていないと感じる内容だった。

    大きな目標に挑戦し続け、
    ときには自己犠牲が伴う協力をし、
    たゆまぬ改善を行うことで、
    チームとして機能したときに信じられないような成果が上がるのかもしれない。

    そんなチームを会社に作...続きを読む
  • ワーク・ルールズ!―君の生き方とリーダーシップを変える
    Googleの人事担当役員が書いたGoogleにおける人事制度(採用から評価まで)が詳細に書いてある本。Googleは色々と考えた人事制度を持っているなぁ、と感心すると共に、全部の制度を採用するのは難しいなぁ、とも思った。
    ただ、非常に示唆に富んだ内容でもあるので、部分的でも取り入れると効果が高いん...続きを読む
  • ワーク・ルールズ!―君の生き方とリーダーシップを変える
    〈メモ〉
    ・従業員に創業者のように振る舞う余地を残す。
    会社全体の創業者でなくても、チーム、家族、文化の創造者であると思えること。最高の創業者はほかの創業者が自分と並び立つ余地を生み出すもの。
    ・グーグルには文化的礎石として、明確なミッション、情報の透明性、発言権がある。
    ・素晴らしい文化を築くため...続きを読む
  • ワーク・ルールズ!―君の生き方とリーダーシップを変える
    本当に良書。500ページを超える分厚い本だけど、読んでよかった。

    Googleを「People Operations」(Human Resourcesではない)から十年以上ささえた著者のグーグラーとしてのキャリアライフからはたくさんの示唆にあふれる。
    とはいっても、一つ一つはエキセントリックなもの...続きを読む
  • ワーク・ルールズ!―君の生き方とリーダーシップを変える
    会社の採用プロセスを考え直すために、読んだ。

    本書の前半は採用に関することばかりだが、その前半に書かれていたことをできる限り取り入れてみたら、会社の状況は劇的に良くなった。

    名著。後半については喫緊で必要なことは書いてなさそうだが、近い将来読み込みたい。
  • ワーク・ルールズ!―君の生き方とリーダーシップを変える
    リーダにはより毅然とした態度が求められる、不安や失敗に直面しても自分の原則に忠実でありつづけ、組織に対する攻撃の盾となる人が、その言葉と言動で、組織の魂を形づくる、そのような組織に人々は加わりたいと思うだろう
  • ワーク・ルールズ!―君の生き方とリーダーシップを変える
    統計的アプローチが人事という職務において必須であることがよくわかる一冊。
    理想ではある、が、日本企業がこの水準に至るにはとてつもないハードルがあるだろうな…
  • ワーク・ルールズ!―君の生き方とリーダーシップを変える
    社員は基本的に善良だという信念。そして社員をオーナーのように扱う。

    自らを創業者と考え、創業者のように行動する。

    採用活動を第一に投資する。時間をかけて最高の人材だけ雇う。
    何らかの点で自分より優れた人材だけを雇う。
    マネージャーに自チームのメンバー採用を任せてはならない。

    マネージャーの意見...続きを読む
  • ワーク・ルールズ!―君の生き方とリーダーシップを変える
    HRのイロハのイもわからないまま読んだ。

    よくグーグルの凄い点として語られる、素晴らしい制度・文化、優秀な人材はあくまで結果に過ぎない。とわかった。

    同じ企業として学ぶべきは、
    ・試練の前でも信念に従って行動すること
    ・スモールテストを繰り返して失敗を乗り越えること
    ・情報の透明性を土台に...続きを読む
  • ワーク・ルールズ!―君の生き方とリーダーシップを変える
    ①当たり前のことをしている
    ②みんなそうであろうと思っているけれども、どうもそうならない何かがある。
    ③そして、それが伝わらない。
  • ワーク・ルールズ!―君の生き方とリーダーシップを変える
     序盤に気づきは得られません。第三章から読み始めることにしました。

     グーグルの職場は自由度が高いと言われます。最も有能な人々は自由度の高い企業で働きたがります。マネジャーに自チームの採用を任せたりはしません。権力が集中してしまうからです。採用はチームで判断します。
     グーグルが選択した採用方法は...続きを読む
  • ワーク・ルールズ!―君の生き方とリーダーシップを変える
    採用やひとの評価に携わる機会がある方は必読です。

    新しい会社に集う、新しい人々。そして、新しい働き方、新しい評価の必然性に目が向くはずです。

    実はだれしも、上司や先輩、古いしきたりやルールに染まりやすいものです。選ばれる側、評価される側だったときに感じたことも、いざ選ぶ側、評価する側になった途端...続きを読む
  • ワーク・ルールズ!―君の生き方とリーダーシップを変える
    Googleの人事の仕組み。業務、スキル、状況も全く異なるが、通常良しとされるシステムが構築できていない分、一周回って類似するところがある。
    一工夫必要。

    〇自分を創業者とみなすことを選ぼう。

    〇人事予算をまず第一に採用活動に投資する。

    〇自分が求めるものを徹底して具体的に描くことによって、最...続きを読む