小松秀樹のレビュー一覧

  • 医療の限界
    「医療崩壊」の作者が新書に書いてあるもので、「医療崩壊」の本と内容が重なる部分が多い本。

    内容的には、死生観がなくなった現在、医療に対する過度な期待(医療には必ず不確実性やリスクがある)があること、司法が医学的な不確実的なものを法的に裁くことができるのか、医療現場での教育、評価、人事等で改善する点...続きを読む
  • 医療の限界
     理想と現実,なかなか折り合いをつけるのはむづかしい。ただ理想を追い求めていけば幸せが得られるのかというとそうでもない。そうかといって,現状に甘んじて改善をおこたっていては,何の進歩も得られない。この本を読んでそのことを強く感じた。市民からの過酷な要求に晒され,日本の医療が疲弊し崩潰していくことへ警...続きを読む
  • 医療の限界
    僕が普段「これって言われても(言っても)現場がやるのは無理だよなあ」と思っていることが、現場の医師の立場からしてもやっぱり無理で、そのために限界に来ているという。
    「そうだろうなあ」と思いつつ、同情しながら読んだ。
  • 医療の限界
     日本人を律してきた考え方の土台が崩れています。死生観が失われました。生きる覚悟なくなり、不安が心を支配しています。不確実なことをそのまま受け入れる大人の余裕と諦観が失われました。

    慢性的な栄養不足があると、ちょっとした病気で人はすぐに死にます。バングラデシュには、医療援助より、経済援助がはるかに...続きを読む
  • 医療の限界
    「医療崩壊」の新書版。医療問題の本というより思想書として興味深く読んだ。特にオルテガの引用のくだりは、医療現場のみならず、現代日本の病理を如実に示しているようで、慄然とした。

    大衆は、「文明の利点の中に、非常な努力と細心の注意をもってして初めて維持しうる奇跡的な発明と構築を見て取らない」、故に「自...続きを読む
  • 医療の限界
    『患者はこう考えます。現代医学は万能で、あらゆる病気はたちどころに発見され、適切な治療を受ければ、まず死ぬことはない。医療にリスクを伴ってはならず、100パーセント安全が保障されなければならない。善い医師による正しい治療では有害なことは起こり得ず、もし起こったなら、その医師は非難されるべき悪い医師で...続きを読む
  • 医療の限界
    医師側からの視線を踏まえて、現代医療の問題点が包み隠さず書かれています。このままでは、医療従事者がいなくなるという結論に納得します。

    医療と司法の関係、アメリカの資本主義が介入した医療制度などが書かれていたところが、私的には☆5つの要素です。客観的意見をきちんと踏まえた上で、主観的意見を述べている...続きを読む
  • 医療の限界
    生きる=老いるも死ぬも避けがたいという事実は、医療が発達しようと変わりない。漫画ブラックジャックの本間医師が言った「人間が生物の生き死にを左右しようなんておこがましいとは思わんかね」が、浸透した心持ち。
    医療が発達していなければ、かつての出産リスクなどにより、私は今生きていないだろうが、多産であった...続きを読む
  • 医療の限界
    医療について、医師と患者の間に大きな齟齬があり、対立の原因となっている。医療は万能ではなく、不確実だ。わりばし事件 親の監督責任が正面切って議論されなかった。死亡した患者の遺族が、お金を必要としない死人に代わって膨大な賠償金を受け取る制度は、モラルハザードを引きおこしかねない。医療の不確実性は、人間...続きを読む
  • 医療の限界
    めざましい医療技術の進展により死は我々にとって遥かに遠い存在となった。死は意識の彼方に追いやられ死生観は喪失。死を静かに眺めることができない甘えの蔓延は、際限のない社会の安心安全要求に形を変え、今、医療現場を崩壊の危機に陥れている。医療とは本来不確実なものであり、治療は常にリスクを伴うにもかかわらず...続きを読む
  • 医療の限界
    虎ノ門病院の部長である著者が、現在の日本医療の危機的状況とそれを助長させている環境(生死観、マスコミ報道、医療への幻想、医療訴訟の内実)をまとめた内容となっている。
    医療従事者以外の一般の人が是非読んでおくべき一冊と考える。
    患者、患者の家族が死生観、医療の実情を知り、結果責任だけを問うことをやめる...続きを読む
  • 医療の限界
    [ 内容 ]
    日本人は死生観を失った。
    リスクのない治療はない。
    患者は消費者ではない―。
    医療の現場を崩壊させる、際限のない社会の「安心・安全」要求、科学を理解しない刑事司法のレトリック、コストとクオリティを無視した建前ばかりの行政制度など、さまざまな要因を、具体例とともに思想的見地まで掘り下げて...続きを読む
  • 医療の限界
    購入


    「正しい市場とは、競争原理が機能し、情報へのアクセスが平等でふんだんにあると言う前提で、消費者が自ら参加するゲームである。医療では誰もが平等に情報を得て、しかも、それを正しく理解できるなどということはかつてなかったし、未来永劫ありえない。医療はゲームではない。医療は社会的善であり、公平でな...続きを読む
  • 医療の限界
    「医療崩壊〜立ち去り型サボタージュとは何か」の著者である小松秀樹医師の著書。

    正直、前作より書き散らした感は否めない。でも死生観とか思想とかについて半分近く著述しているのを読むに、どんなに現実に即した制度設計をしても最後は人一人ひとりの考え方が変わっていかないといけないんだなぁと感じた。

    ...続きを読む
  • 医療の限界
    患者は医療に過剰な期待をしてしまっている・・確かにそうかもしれない。だが自分が患者になった時にその期待を今更下げられるのか・・。未知のリスクは当然あるとは頭ではわかっているが。
  • 医療の限界
    現在の日本医療の問題点に関し、「死生観」「司法」「経済理論」「日米の成り立ちの違い」など、多角的な見地から分析し論じた著作。著者の指摘は、至極真っ当であると思われ、医療に携わる者のみならず、マスコミ、法曹界をはじめとする日本社会全体で医療の将来を考え、手を打っていかなければならないことを十分に理解で...続きを読む
  • 医療の限界
    医療崩壊に関する記載は概ね同意見。ってか、こういうのを読んでるとやっぱり、医師の就労体制が理不尽に思える。でも、医局制に関しては、書かれた時期が、もう6年も前ってことを考えると仕方ない気もするけど、現状とはちょっと合わない気もする。とりあえずこういう書物によって、医療制度と医療に対する理解度が、少し...続きを読む
  • 医療の限界
    基本的には前作の『医療崩壊』の焼き直し、というよりも忙しいビジネスマン向けに書き直した、という印象です。

    もちろん『医療崩壊』出版後に起こった動きがないわけではないですが、これを読むなら『医療崩壊』を2回読む方が理解が深まると思います。
  • 医療の限界
    「医療崩壊」を簡略化した感じの本。

    「医療崩壊」を読んだ人には物足りないかもしれないけれど、専門でない人が読むには、医療の現状を知るにいい1冊。
  • 医療の限界
    現在の医療制度の問題点を論じた本。世間が医療過誤を批判する中で、これからの医療がどうなっていくかを危惧し、また、市場原理が医療の世界に働くことによる問題点を論じている。
    いわく、アメリカでは市場原理に基づいているため、医療費は驚くほど高く、医療費のせいで自己破産する中産階級も多数いると。日本の国民性...続きを読む