新しい電気回路<上>

新しい電気回路<上>

作者名 :
通常価格 3,080円 (2,800円+税)
獲得ポイント

15pt

-
    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

◆ディジタル技術全盛時代における「電気回路」のあり方や、教授内容の国際化を踏まえた、これまでにない構成のテキスト◆

・微分方程式とラプラス変換をいち早く導入し、電気回路の基本を学ぶ、これまでにない構成のテキスト。二分冊。
・複素数と位相が用いられる物理的な意味をていねいに解説し、読者を本質的な理解へと導く。
・カラーで見やすく演習問題も充実!

【本書「まえがき」より抜粋】

本書は,ディジタル技術全盛時代における「電気回路」のあり方や,教授内容の国際化を踏まえて執筆した教科書である。

「電気回路」は「電磁気学」とともに大学における電気電子系の基幹科目である。長い伝統があり定評のある教科書も少なくない。しかしながら,従来の「電気回路」の講義で重点的に取り扱うアナログ信号伝送・回路網は,現在ではほとんど使用されなくなっており,その重要性は大きく低下している。一方,スイッチング電源のようにインダクタを用いたエネルギー変換技術は現代の電源の主流になっているが,「電気回路」の講義内でほとんど取り扱っていない。伝送線路を用いる超高速ディジタル信号伝送や5G/6Gで話題になっている無線通信は今後とも発展する技術であり,その基礎に電気回路がある。したがって,時代の変化を意識して,本書で記述する内容を決め,上下巻の二分冊とし全19章の構成とした。

本書では,従来のように交流理論を先に取り扱い,過渡応答を後で取り扱う記述ではなく,回路素子の基本応答,ラプラス変換,過渡応答,交流理論の順序で記述している。交流理論はあくまで定常状態の応答であり,特殊な条件で成り立つものである。電気特性は電圧・電流の時間微分・時間積分が基本である。迷ったらこの基本に立ち返って考えてほしい。

このような内容は,国内のこれまでの電気回路の教科書からは逸脱しているとみられるかもしれないが,海外では本書のような順序で記述されている教科書が多いため,国際的にはまったく問題はないと考えている。

【主な内容】
第1章 電気回路とは
第2章 直流回路と,電気回路の基本的な法則
第3章 容量とインダクタの電気的性質
第4章 回路素子の基本応答 
第5章 微分方程式とラプラス変換 
第6章 電気回路の時間応答 
第7章 交流回路 
第8章 共振回路  
第9章 変成器 
第10章 デシベルとボード図 

※「新しい電気回路<下>」電子版は、2021年10月配信予定です。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
学術・語学 / 理工
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
KS理工学専門書
ページ数
272ページ
電子版発売日
2021年07月21日
紙の本の発売
2021年05月
サイズ(目安)
43MB

新しい電気回路<上> のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

レビューがありません。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

KS理工学専門書 の最新刊

無料で読める 学術・語学

学術・語学 ランキング