ぼくのお父さん

エッセイ・紀行 1位

ぼくのお父さん

作者名 :
通常価格 1,265円 (1,150円+税)
獲得ポイント

6pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

ぼくの「お父さん」は絵本作家。ずっと家にいて、一緒に遊び絵を描く。いつでもなんでも、絵に描く。夕飯に出た旬のタケノコを食べずに、絵に描く。そしておかずは冷めていく……。ふつうじゃなくて、ふしぎでちょっと恥ずかしい。ただの変わり者? それとも――。なつかしい「あの頃」を思い出す、全編オールカラーの最新作!

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
エッセイ・紀行 / エッセイ
出版社
新潮社
電子版発売日
2021年06月17日
紙の本の発売
2021年06月
サイズ(目安)
46MB

ぼくのお父さん のユーザーレビュー

感情タグBEST3

    Posted by ブクログ 2021年07月23日

    とても素敵な思い出の詰まった家族のお話…ですが、こんなゴーイング・マイ・ウェイなお父さんと過ごす家族は、きっとなかなか共感を得られない大変さがあったんだろうなぁ、と思うと、泣けてきます。
    特に、お友達とのエピソードは辛いです。大人になった今、振り返ると、ほんわかしますが、当時の太郎くんはそんな訳にい...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年07月18日

    何かと気忙しい毎日の中で、この本を読んで心も体もホッと一息。
    子供だった頃の感情や想いを、ふと思い出すようなとてもいい時間でした。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年07月18日

    絵本と紙芝居の作家である、お父さん。
    いつも、何でも絵に描くお父さん。
    いつも、家にいるお父さん。
    気晴らしの畑つくりは熱中し過ぎて本格的になったり、
    プールで迷子になったり、入院したりと、
    お父さんのことで、たろうの毎日は、ざわつく。
    「ぼく」からすれば、他のお父さんと違う複雑な、存在。
    でも、他...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年07月06日

    大家さんの方が好きだったなぁ。

    他人としてなら、このお父さん好きだけど
    実親が、このお父さんなら結構本気で怒ったりしてたかも。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年06月23日

    大家さんと僕から続いて、お父さんのほのぼの漫画でした。
    個性的なお父さんで、お金がないなりに楽しませる発想の持ち主なのがうらやましく感じました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年07月22日

    はじめての矢部太郎さんの本。
    水彩の淡いタッチで、内容もゆる〜い。

    絵描きのお父さん。
    昼間、会社に行かず、たろうとその友達と一緒に過ごして「なんで毎日家にいるの?」と言われるお父さん。
    何でもスケッチするお父さん。
    子ども心に恥ずかしかったり、子ども心にうれしかったり。そんな思い出。

    私自身も...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年06月22日

    購入したその日にサクッと読めた。エピローグの漫画で、「?」から「!」になるまで少し時間がかかりました(汗)。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年06月23日

    ずっと家にいて、一緒に遊び絵を描く、ぼくの
    お父さん。ただの変わり者?それとも、理想の
    お父さん?「大家さんと僕」の著者が実の父を
    描く、ほのぼの家族漫画。

    このレビューは参考になりましたか?
    無料版購入済

    2021年06月29日

    泣きも笑いもシュールもためになる話も、今のところありません。エッセイではあるものの、何かあるといいなと思います。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ無料版購入済

    捉え方次第

    やまの 2021年06月19日

    優しい画風とお父さんの落ち着いた話し方にほのぼのして見えますが、お父さんはなかなかのクセモノです
    出された食事が冷めるほど時間をかけてスケッチとか、一番うわっとなったのは喘息で苦しんでる息子を傍観してるところですかね

    でも熱を出した息子のために方法はともかく頑張った姿を見ると、ちゃんと家族を...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

ぼくのお父さん に関連する特集・キャンペーン