新版 超ヒマ社会をつくる - アフターコロナはネコの時代 -

新版 超ヒマ社会をつくる - アフターコロナはネコの時代 -

作者名 :
通常価格 1,430円 (1,300円+税)
獲得ポイント

7pt

-
    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

コロナは何をもたらすのか。
人には人の超ヒマ社会。
自分で自分の超ヒマ社会を想像して、創造してほしい。

こんなはずじゃなかった。
AI・ロボットに仕事を奪われる超ヒマ社会。
令和元年、「超ヒマ社会をつくる」という本で、その社会をどう作るかのアクションプランを描いた。
ところが、超ヒマ社会に突入する前に、天からブワッとコロナが降ってきた。
じっとしておれ、引きこもれ。
予期せぬ形で、超ヒマにさせられた。
なので前書を書き直すことにした。
テック&ポップの超ヒマ社会は、来る。
ただしコロナは、 ハイブリッドという別の一軸を加える。
そして引きこもるぼくたちに、超テックの衣装を素早く身にまとえと促す。
やってやろうじゃないか。
前書をベースにして、コロナを上書きしたのが本書である。   ―中村伊知哉

バンドで曲を作り、役所で法案を作り、予算案を作り、MITに研究所を作り、スタンフォードでポップカルチャーのプロジェクトを作り、NPOや社団法人を作り、会社の役員として保育所、ゲームやお笑いイベントを作り、そして現在は、スポーツやデジタル教育、大学、特区を作っている中村伊知哉氏。
本書では、そんな中村伊知哉氏の考える、“超ヒマ社会”を作るためにはどうすべきかを考察します。

※本書は、2019年に発売された『超ヒマ社会をつくる』を大幅に加筆修正し、改訂したものです。


【著者プロフィール】
中村伊知哉 (なかむら いちや)
iU学長
CiP協議会理事長、吉本興業ホールディングス社外取締役、理化学研究所 AIP センターコーディネーター、東京大学客員研究員などを兼務。
著書に、『超ヒマ社会をつくる』(ヨシモトブックス)、『コンテンツと国家戦略 ソフトパワーと日本再興』(KADOKAWA)など多数。


発行:ヨシモトブックス
発売:ワニブックス

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
IT・コンピュータ / IT・Eビジネス
出版社
ワニブックス
掲載誌・レーベル
ヨシモトブックス
ページ数
232ページ
電子版発売日
2021年05月25日
サイズ(目安)
1MB

新版 超ヒマ社会をつくる - アフターコロナはネコの時代 - のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

レビューがありません。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

ヨシモトブックス の最新刊

無料で読める IT・コンピュータ

IT・コンピュータ ランキング