伯爵夫人の片想い

伯爵夫人の片想い

作者名 :
通常価格 814円 (740円+税)
紙の本 [参考] 909円 (税込)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

憐れみや施しはいらないと言ったのに、それならば僕を受け取れ、ですって?

エリーをただ働きの家政婦扱いしかしなかった冷淡な継兄が、紳士クラブで起きた諍いの流れ弾を受けて死亡した。その訃報を伝えに来たのは、ヘインフォード伯爵ブレイク――社交界随一の富と美しい容貌を持つ、エリーが密かに憧れる男性だ。銃弾が、本来彼を狙ったものだったことに責任を感じ、急いで駆けつけたのだろう。髪は乱れ、シャツも破れたままだった。天涯孤独の身となったが、彼からの憐れみだけは受けたくない……。私のことを“不美人で脚の悪い女”と呼んでいたから。だが、継兄がエリーの財産を使い果たしていたことを知るや、ブレイクは支援を拒む彼女を突っぱね、こう言った。「僕と結婚しろ」

■人気実力派作家ルイーズ・アレン。伯爵との便宜結婚ものをお贈りします。エリーはなかば強制されるように伯爵の妻となりますが、彼に愛がないのは自明。でも、過去の事件による男性不信、不自由な脚――それらをすべて受け入れてくれる夫への片想いは夜毎せつなく募り……。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
ハーレクイン・ロマンス小説
出版社
ハーレクイン
掲載誌・レーベル
ハーレクイン
ページ数
256ページ
電子版発売日
2021年05月27日
紙の本の発売
2021年05月
サイズ(目安)
1MB

伯爵夫人の片想い のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2021年08月06日

    昔の出来事により脚を引き摺っているヒロインと、伯爵ヒーロー。
    ヒーローを狙った流れ弾によりヒロイン継兄が亡くなりヒーローはヒロインに罪悪感を感じている。
    裏表紙では、支援を拒むヒロインにヒーローが「僕と結婚しろ」と便宜結婚を提案するように書いてあるんだけど、実際にそのシーンが出てくるのは本の半分ぐら...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています