ビジネス小説 もしも徳川家康が総理大臣になったら

ビジネス小説 もしも徳川家康が総理大臣になったら

作者名 :
通常価格 1,485円 (1,350円+税)
紙の本 [参考] 1,650円 (税込)
獲得ポイント

7pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

内閣全員、英雄――。

2020年。
新型コロナの初期対応を誤った日本の首相官邸でクラスターが発生。
あろうことか総理が感染し、死亡する。
国民は政府を何も信頼しなくなり、日本はかつてないほどの混乱の極みに陥った。
そこで政府はかねてから画策していたAIとホログラムにより偉人たちを復活させ最強内閣をつくる計画を実行する。

AIにより総理大臣に選ばれたのは、江戸幕府の創始者である徳川家康。
経済産業大臣には織田信長、財務大臣に豊臣秀吉、厚生労働大臣に徳川綱吉、法務大臣に北条政子、外務大臣に足利義満など錚々そうそうたるメンバーの中で、
皮肉にも総理大臣の補佐役である官房長官に選ばれたのは、江戸幕府を終わらせた男・坂本龍馬だった。

そんな歴史に名を刻む面々で組閣された最強内閣は、迅速な意思決定で、
東京ロックダウン、50万円給付金、リモート国会、令和版楽市楽座、リモート万博など、大胆な政策を次々と実行していく。
最初は「過去の人間に政治ができるのか」と半信半疑だった国民も、偉人たちのえげつない決断力と実行力に次第に歓喜し、酔いしれていくが……。

時代を超えたオールスターは未曾有の危機にどう立ち向かうのか!?
そして、ミッションを果たした先に待ち受けていたものとは……!?

ビジネス、歴史、政治、ミステリー、
あらゆるジャンルと時代の垣根を超えた教養溢れる
新感覚エンターテインメント!!

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
ビジネス・経済 / ビジネス教養
出版社
サンマーク出版
ページ数
435ページ
電子版発売日
2021年03月24日
紙の本の発売
2021年03月
サイズ(目安)
14MB

ビジネス小説 もしも徳川家康が総理大臣になったら のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2021年05月09日

    一気に読めました。 確かに今のリーダーは都合のいいことばっかり言って責任を取らない人が多い… この小説から学べることは多いと思います。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年05月09日

    面白かった!!
    後半の展開は引き込まれました。
    日本史に明るくないせいか、偉人たちの知らなかったエピソードもいっぱいあって、日本史を勉強したくなりました。

    「自分が自由であることは、誰かが不自由であることだ。」すごく納得させられました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年04月29日

    【きっかけ】
    何か新しい本を読みたいと思い、某サイトを見ていたときに、高評価の新書だったので興味を持った。
    また、歴史に疎い為、勉強したい思いもあった。

    【感想】
    歴史上の英雄たちが次々と登場します。歴史に疎い私も名前は知ってる人たちがいっぱい出てきます。作者の心遣いで各登場人物の解説が簡単に書か...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年04月18日

    今だから読みたい本。

    歴史を知れば知るほど、日本人は本質は変わっていないとよく思っていた。

    だこら、英傑×現代とはどうなるのか。
    そんな本を探していた。
    家康は嫌いだけど、トップとしては必要な人物だったと思った。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年03月21日

    ともかくおもしろいです。コロナ禍の現在に現れた日本の偉人たちが、突き抜けたリーダーシップで次々と課題を解決していくという痛快ストーリーで、久しぶりに読書に夢中になれました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年04月30日

    新型コロナウイルスの初期対応を誤り、挙句の果てには首相自らが感染し死亡。困った政府(政権与党)が投入したのが、AIとホログラムにより日本の中世以降の歴史上の英傑を蘇らせ、内閣を担当させるという奇策。総理大臣の徳川家康を筆頭に、三英傑の信長、秀吉は当然入閣。官房長官には坂本龍馬。果たして日本の行末は。...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています