日本再生のための「プランB」 医療経済学による所得倍増計画

日本再生のための「プランB」 医療経済学による所得倍増計画

作者名 :
通常価格 1,012円 (920円+税)
獲得ポイント

5pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

【推薦! 内田樹氏(思想家)、平田オリザ氏(劇作家)】日本は、経済指標、男女平等、報道の自由、大学ランキングなどあらゆるジャンルですでに「先進国から脱落した」と呼べる状況になっている。本書では、ITやAI等を駆使したイノベーション誘導型の政策を「プランA」と呼ぶが、その実現の可能性はほとんどゼロであることを、データを基に詳述。これに対し、著者が提唱する「プランB」は、医療・教育・芸術を融合させた新たな分野で雇用を創出し、所得を倍増させる画期的なアイデアだ。コロナ後の世界を見据え、地方移住を促し、1%の富裕層を潤わせるのではなく、残り99%の人々の生活を豊かにする具体的な方法を提示。さらには、日本が生き残る道として北東アジア経済共同体を構想する。
○内田樹氏(思想家)
「兪先生は医師でありかつ経済学者である。人間の生身に向き合って、それが発する非言語的なシグナルを聴き取る能力と、非情緒的な統計数値を分析して、その背後にひそむ人間的営為を透かし見る能力の二つをともに具えている科学者は(ものすごく)稀有である。そういう希有な人物が何を語るのか刮目して読んで欲しい」
平田オリザ氏(劇作家)
「本書を壮大な夢物語と捉えるか、地方に残された数少ない生き残りの秘策と捉えるか、自治体の側の見識が問われる」

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
社会・政治 / 政治
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社新書
ページ数
304ページ
電子版発売日
2021年03月26日
紙の本の発売
2021年03月
サイズ(目安)
5MB

日本再生のための「プランB」 医療経済学による所得倍増計画 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2021年06月08日

    前著を読んで感銘を受けた著者による、個人的待望の新作。医療経済のみならず、経済全般に対する論考が中心で、それも日本だけじゃなく、グローバルな視点で書かれているという力作。それだけでも読み応えは抜群というもの。何とも言えないモヤモヤ感というか、これで良いのかニホンジンっていう部分が、上手く言語化されて...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年07月22日

    予防医療教育が経済にどう寄与しうるのかということを学ぶいい機会となりました。
    アメリカでは、予防医療を重視したされたいわゆる「オバマケア」が2010年に導入されてから、予防医療教育が大ブームかつ巨大ビジネスになっているそうです。
    Apple Watchがヘルスチェック機能を前面に売りにしていたり、G...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年06月20日

    日本再生のための「Bプラン」

    ハーバード大学で医療経済学を教える喩先生の新著。これまで、金融やITなどによるアメリカ的な成長戦略とAプランとしたうえで、今後の人口減少社会や社会課題を踏まえて、医療・芸術分野における独自性を強化し、世界に発信するという戦略―Bプランを提唱する。BプランはAプラントと...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年03月22日

    2021年18冊目。満足度★★★★☆ ハーバードなどでの学習・研究活動など25年間の在米生活を経て日本に帰国したばかりの大学教授が著者。経歴は超華麗

    本書は著者の専門分野である「医療経済学」のアプローチから低迷する日本の改革案を提示する内容となっている。

    メインの改革案は正直難しくて評価は困難で...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年08月15日

    日本が様々な分野で先進国から脱落したということが詳細なデータを基に示され、メインの道(プランA)では追いつけない。そのためプランB、Cに舵を切り日本らしい生き残り方を提案している。日本のGDPが世界2位だった頃、それは皆が己や家族を犠牲にして休みや夜も返上して働いた結果だった。これからは近隣諸国と互...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年06月30日

    医療経済学を専門とする著者による日本再建策。地方、非ハイテクなど独自の視点が面白い。エビデンスも豊富。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2021年06月26日

    ・予防医療教育の潜在市場規模は日本で14兆円、米国で100兆円。
    ・地方自治体の悩みは「人口、人材、雇用の流出」実際は富の流出
    ・非営利部門におけるミクロ経済分析の正しい目的は、特定の医療機関を潰さずに、医療機関全体の経済効率を向上させること。
    ・医療の3分類:川上、川中、川下
    ・人文社会学・芸術の...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2021年04月29日

    広義の競争
    米国政府の干渉を受ける確率が低そうな新産業分野に日本の資源を集中
     航空宇宙、半導体、IT、AI:干渉
     バイオ:ハイリスク 新薬候補が発売 二万分の一以下、1兆円の投資で1新薬
     シリコンバレーはひとつでいい
     冷戦時代 民生機器は 米3軍 対 日本1軍
     米国内市場の開放政策の恩恵
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

集英社新書 の最新刊

無料で読める 社会・政治

社会・政治 ランキング