世界はいつでも不安定 - 国際ニュースの正しい読み方 -

世界はいつでも不安定 - 国際ニュースの正しい読み方 -

作者名 :
通常価格 1,430円 (1,300円+税)
紙の本 [参考] 1,540円 (税込)
獲得ポイント

7pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

【ニコニコカドカワ祭り2021開催中】マンガ・書籍が50%OFF!人気作品がまるごと1巻無料で読める期間限定無料作品も要チェック★

作品内容

教えて内藤先生。
地上波では絶対に伝えられない国際情勢の事実をユーモアを交えて解説!
チャンネルくらら人気番組「内藤陽介の世界を読む」が完全書籍化!

世界の混沌や不安定さを嘆くよりも、不安定であることを前提に、日本としての身の処し方を考えるほうが建設的!
世界の中で我々が「どうすべきか」という問いに答えるためには、世界が「どうなるか」と正確に予測せねばならず、そのためには現状を正確に認識する必要があります。

■トランプが負けたというより、バイデンが買った?
■行き過ぎたPCへの反発がトランプ誕生の一因
■議会への暴徒侵入事件の傷
■あえて香港を“解放”しなかった中国の狙い
■スノーデン事件は量子通信衛星「墨子号」を打ち上げた
■「ウイグル人権法」成立で習近平への直接制裁も可能に!?
■石油発見以前の湾岸諸国は海賊生活!?
■金をやる、外交と防衛もしてやるから、とにかく海賊を止めろ!
■「サウジアラビア」という国名からして問題あり?
■サウジアラビアにスンナ派の「盟主」を名乗る資格なし!
■議会もなし、憲法もなし、それがサウジ
■戦争は戦車不要の新時代に突入?
■ロシアに国防だけ頼りたいアルメニア
■実は“世界史的な大事件”だったナゴルノ・カラバフ紛争


【目次】
第1章【アメリカを読む】南北問題で知る、米大統領選と左翼運動
第2章【中国を読む】香港征服を狙う野望を読み解く
第3章【中東を読む】日本人のためのイスラエルと湾岸諸国入門
第4章【ロシア・トルコを読む】リビアからコーカサスにいたる紛争ベルトの重要性

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
社会・政治 / 国際
出版社
ワニブックス
ページ数
320ページ
電子版発売日
2021年03月10日
紙の本の発売
2021年03月
サイズ(目安)
22MB

世界はいつでも不安定 - 国際ニュースの正しい読み方 - のユーザーレビュー

感情タグBEST3

    Posted by ブクログ 2021年07月05日

    本書を読んでみて、自分がある程度知っていると思ったことが全く事実とは異なっていたことに驚きました。「鉄の女」として知られるイギリスのサッチャーが外交音痴だったことも初めて知りましたし、サウジアラビアは「中東の雄」であると思っていましたが、全くそんなことはなく軍事的に言えばまったくの非力な国とのこと。...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年03月21日

    めっちゃ面白かった。中東の知識がほぼないと言ってもいいくらいだったのでとても勉強になりました。
    本の帯に「グッダグダ」と書かれてありましたが、サウジとアメリカ以外はあまりグダグダ感なかったような(むしろ丁々発止感あるわ…)。
    こうなると、中国とロシア(プーチン)の『地球儀を見る』能力が際立って見えま...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年08月27日

    著者には国際政治の実務や学位がある訳ではなく、民間メディアで語っている内容なので、これで何かを把握した気になるのは少し危うい。
    あと誤字や表記揺れが少し。あくまで読み物としては面白かった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年05月13日

    言葉として中東やアラブは知っているけど逆に言うとそれ以外の事はほとんど知らなかったのですが、とても読みやすく楽しくて分かりやすかったです。
    どこもかしこも同じような問題を抱えており、それが絶妙に関わり合っているなんて、大変勉強になりました。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2021年04月21日

     相変わらずこの人の本は内容が濃すぎる。
     複雑すぎて関係性を全然理解できていなかった中東に加え、ナゴルノ・カラバフにおけるアルメニアとアゼルバイジャンの紛争の裏では各国の思惑が蠢いていたことなど、目から鱗の情報がいっぱいだった。
     とはいえ情報量が多すぎたので、また読み直したい。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2021年09月26日

    現在進行形の歴史メモ(´・ω・`)
    【アメリカの問題】
    ポリコレ問題=人種・宗教・性別などの違いによる偏見・差別を含まない中立的な表現や用語を用いる
    トランプは是正を目指し実行してきたが、独特のキツイ表現のため悪意でみられた(ポリコレは分断作戦なのかな)
    アンティファ問題=反ファシズムと見せて左派勢...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ購入済み

    グッダグダなのは日本だけ…?

    kocco 2021年09月08日

    2021年9月読了。

    「自分は世界史を採らなかったから…」なんて云う馬鹿な言い訳はさておき、新聞等で国際情勢を読む際にいつもアラブ~中東領域が、地理的にも世界情勢的にも中々頭に入らない自分を戒める意味も込めて本書を購入、読了したのだが、これは大変に貴重な学習に成った(地理オンチは相変わらずなの...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています