Shapers 新産業をつくる思考法

Shapers 新産業をつくる思考法

作者名 :
通常価格 1,760円 (1,600円+税)
紙の本 [参考] 1,848円 (税込)
獲得ポイント

8pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

「Shaper(シェイパー)」とは、創造性を発揮して新しい価値を形づくろうとする人のことを指します。イノベーターやアントレプレナー(起業家)を含む概念で、世界最大のヘッジファンドであるブリッジウォーター・アソシエイツ創業者、レイ・ダリオ氏の著書『PRINCIPLES(プリンシプルズ) 人生と仕事の原則』のなかで紹介されている言葉でもあります。

何か新しいものをつくろうとする創造性は、イノベーターやアントレプレナー(起業家)の専売特許ではありません。
組織の大小を問わず、どんな組織にいても、どんな職種・ポジションであったとしても、何かしらの発想や問題意識を起点として、新しい何かをつくろうとする欲求は誰しものなかに存在します。

その欲求を無視せず、一人ひとりが新しい何かを形づくる動きをしていけば、日本社会は地盤沈下することなく、常に時代の要求に応じて革新され続けていく、と著者は言います。
また、そのように主体性を発揮して自分の人生をつくり出していく生き方は、人生を豊かにするものだとも──。

本書では、「Shaper」という新しいキャリアのあり方を紹介します。
同時に、「事業創造のアプローチ」「事業を生み出す人と組織」「新産業領域におけるキャリア」といったテーマで、新産業やイノベーションの創造に挑む企業を取り上げ、その取り組みの具体例をお伝えします。
各章の後半に収録しているキーパーソンへのインタビューでは、

・新規事業をどのように生み出しているのか
・イノベーティブな組織はどのようにつくられるのか
・これからの時代に若くして活躍するのはどのような人物か

といった問いに対するヒントが満載です。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
ビジネス・経済 / 自己啓発
出版社
クロスメディア・パブリッシング(インプレス)
ページ数
286ページ
電子版発売日
2021年02月26日
紙の本の発売
2021年01月
サイズ(目安)
2MB

Shapers 新産業をつくる思考法 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2021年03月21日

    時間軸を見直した上で、ベンチャー企業を成長させてきた経営者等に対するインタビュー。
    各経営者で考え方は違えど、意思決定へのポジティブさや行動力といった点で、共通点がある。
    この本を読んでいると、自分が経営をする時を想像して、ワクワクして仕方がない。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年11月19日

    企業紹介感が多少あったが、どういうキャリア形成をするべきなのかが分かりやすくまとめられていた。
    起業したい人、就活軸の解像度上げたい人にオススメ

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年02月14日

    「今で言えば、その黎明期にあたるところはどこだろう?」

    時間軸補正をしながら、先人のキャリアを読み解くという点、まさにそうだなあ。A社出身経営者がいたとして、A社にいたころの事業のフェーズや組織規模を見ていく。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

無料で読める ビジネス・経済

ビジネス・経済 ランキング