罪と罰 1巻
  • 完結

罪と罰 1巻

作者名 :
通常価格 660円 (600円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

“ひきこもり”と援交女子高生。接点のないはずの両者が出会ったとき、ある「計画」が動き出した……! ドストエフスキーの名作を原案に、現代の少年少女たちの抱える闇に迫る問題作。主人公・裁(たち)弥勒(みろく)は、将来を嘱望されて上京するも、大学にもバイトにも行かず部屋にこもる日々……。肥大する自尊心と、過敏な劣等感を持て余す弥勒の脳裏に、ある恐るべき「計画」が宿る!!

ジャンル
出版社
双葉社
掲載誌・レーベル
漫画アクション
ページ数
198ページ
電子版発売日
2011年01月28日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
30MB

関連タグ:

罪と罰 1巻 のユーザーレビュー

    購入済み

    罪と罰

    aaa 2013年06月24日

    おもしろかった

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年09月09日

    ドストエフスキーの「罪と罰」を現代の日本を舞台にコミックスに。主人公の心理の揺れを精緻に描き出す作者の画力を得て読ませる物語になっています。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年02月27日

    全巻分の感想。
    最初は本家の「面白い」部分だけ抜いて無駄に陰惨にしただけかと思ってしまったが、全くそうではなかった。漫画なのに文学している。
    人付き合いのできない私には、この作品を読んで何か光が見えたような気がした。
    あえて文句を付けるなら、ラストシーンはもっと「希望に満ちた」ものにして欲しかった。...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年05月10日

    全10巻。
    ドストエフスキーの『罪と罰』を下敷きに、現代の日本の物語に置き換えた作品。
    原作では重苦しかったけど、こちらではドラマチックに話が進む。思わず息を飲んで次のページをめくる。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年05月02日

    資格があれば、人を殺してもいい。収穫者の資格、それが主人公にあったから殺したのか。その資格者たらんとし、殺したのか。
    だがその人殺しの後に残ったのは、良心の呵責と、資格などとは程遠い何もない自分だった。
    何者かでありたいという欲求と、屁理屈はこねても何も実行することができない悩める若者像は、学生時代...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年08月26日

    現代日本版、罪と罰!5巻まで読んだけど、かなり忠実に再現されてて面白かった。心理描写も出来事も、あの時代のロシアでのことが上手く現代日本に移されてて。
    6巻あたりから少しアレンジも入って来るようだけど、芯はしっかりとしているので大丈夫でしょう。むしろ、弥勒がその時どういう心理状態に陥るのか、行動に出...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年12月24日

    ドストエフスキーの「罪と罰」を現代日本を舞台にして、
    マンガでリメイクした感じである。

    肥大した自意識に囚われ、「崇高なる目的が、流された血を贖う」と信じる青年の、犯す罪とそれへの罰。

    不条理への絶望と終わらない葛藤の中で、
    主人公ミロクが取る行動とは・・・。

    犯した罪は贖われるのか? ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年06月17日

    古書にて表紙買い。どう進むか、面白くなるか否かもまだ見えないですが、先が読みたいと思う作品。完結しているようなので、気長に買う予定。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年12月15日

    引き込まれるストーリーは秀逸。ややキャラクターの書き方に難があるが淡々としつつ日常の変化に合っている。陰鬱した話に興味があれば。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年06月15日

    2011年4月、完結済み。

    生きることに意味を見出せずに足掻いている人、
    ぜひ読んでみてください。
    と言っても、暗い内容なので、精神状態がいい時をオススメします。

    最終巻では、本当に自分が考えているようなことを
    主人公がセリフとして表現してくれていて、泣きました。

    アスペルガー症候群(発達障害...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

罪と罰 のシリーズ作品 全10巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~10件目 / 10件
  • 罪と罰 1巻
    完結
    660円(税込)
    “ひきこもり”と援交女子高生。接点のないはずの両者が出会ったとき、ある「計画」が動き出した……! ドストエフスキーの名作を原案に、現代の少年少女たちの抱える闇に迫る問題作。主人公・裁(たち)弥勒(みろく)は、将来を嘱望されて上京するも、大学にもバイトにも行かず部屋にこもる日々……。肥大する自尊心と、過敏な劣等感を持て余す弥勒の脳裏に、ある恐るべき「計画」が宿る!!
  • 罪と罰 2巻
    完結
    660円(税込)
    青年・弥勒が宿した恐るべき「ある計画」。それは援交女子高生グループを支配するヒカルの殺害だった。崇高な目的のためならば、流した血はあがなわれるのか? そして決行の日が訪れる……!
  • 罪と罰 3巻
    完結
    660円(税込)
    「計画」通りに援交女子高生グループの支配者・ヒカルを殺害した直後の現場に、想定外に現れた少女・リサに対して弥勒は…? そして崇高な目的のためにあがなわれるはずの流血は、早くも弥勒の精神を蝕んでいく……!
  • 罪と罰 4巻
    完結
    660円(税込)
    “ひきこもり”と援交女子高生。接点のないはずの両者が出会ったとき、ある「計画」が動き出した……! ドストエフスキーの名作を原案に、現代の少年少女たちの抱える闇に迫る問題作。女子高生二人殺人の犯人となった主人公・裁(たち)弥勒(みろく)は、精神的に追い詰められ昏倒、そして長い夢を見る。それは弥勒の性質を決定付けた、首藤との過去の夢だった…!
  • 罪と罰 5巻
    完結
    660円(税込)
    “ひきこもり”と援交女子高生。接点のないはずの両者が出会ったとき、ある「計画」が動き出した……! ドストエフスキーの名作を原案に、現代の少年少女たちの抱える闇に迫る問題作。女子高生二人殺人の犯人となった主人公・裁(たち)弥勒(みろく)は、長い夢から目覚めると病院にいた。そして襲い掛かる「人殺し」であるという現実! 弥勒はサバイブできるのか!?
  • 罪と罰 6巻
    完結
    660円(税込)
    “ひきこもり”と援交女子高生。接点のないはずの両者が出会ったとき、ある「計画」が動き出した……!ドストエフスキーの名作を原案に、現代の少年少女たちの抱える闇に迫る問題作。女子高生二人殺人の犯人となった主人公・裁(たち)弥勒(みろく)は、長い夢から目覚めると病院にいた。そして襲い掛かる「人殺し」であるという現実!弥勒はサバイブできるのか!?
  • 罪と罰 7巻
    完結
    660円(税込)
    “ひきこもり”と援交女子高生。接点のないはずの両者が出会ったとき、ある「計画」が動き出した……!ドストエフスキーの名作を原案に、現代の少年少女たちの抱える闇に迫る問題作。女子高生二人殺人の犯人となった主人公・裁(たち)弥勒(みろく)は、検事・五位の罠をどうやって切り抜けたのか?衝撃の展開が待つ!
  • 罪と罰 8巻
    完結
    660円(税込)
    “ひきこもり”と援交女子高生。接点のないはずの両者が出会ったとき、ある「計画」が動き出した……!ドストエフスキーの名作を原案に、現代の少年少女たちの抱える闇に迫る問題作。女子高生二人殺人の犯人となった主人公・裁(たち)弥勒(みろく)の元に、検事五位が最終決着をつけに…?そして首藤の魔手がエチカに迫る…!!
  • 罪と罰 9巻
    完結
    660円(税込)
    “ひきこもり”と援交女子高生。接点のないはずの両者が出会ったとき、ある「計画」が動き出した……!ドストエフスキーの名作を原案に、現代の少年少女たちの抱える闇に迫る問題作。女子高生二人殺人の犯人となった主人公・裁(たち)弥勒(みろく)は、“英雄”首藤とついに最終決着をつける…!!
  • 罪と罰 10巻
    完結
    660円(税込)
    “ひきこもり”と援交女子高生。接点のないはずの両者が出会ったとき、ある「計画」が動き出した……!ドストエフスキーの名作を原案に、現代の少年少女たちの抱える闇に迫る問題作。女子高生二人殺人の犯人となった主人公・裁(たち)弥勒(みろく)を描いた物語が完結を迎える大ボリューム堂々最終巻!

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

罪と罰 に関連する特集・キャンペーン