シリアの戦争で、友だちが死んだ

シリアの戦争で、友だちが死んだ

作者名 :
通常価格 1,650円 (1,500円+税)
獲得ポイント

8pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

紛争地を中心に取材活動をする著者がシリアでの体験を中心に綴るノンフィクション。紛争地取材を始めてからの大けがやシリアでの取材、大切なシリア人の友人を失った経験などを描き、なぜ戦場の取材を続けるのか、そこにはどんな悲劇や理不尽があるのか――筆者ならではの目線で描く。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
ノンフィクション / ノンフィクション・ドキュメンタリー
出版社
ポプラ社
ページ数
223ページ
電子版発売日
2021年01月20日
紙の本の発売
2021年01月
サイズ(目安)
89MB

シリアの戦争で、友だちが死んだ のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2022年04月12日

    「命がけでここに自分がいるということを訴えかけ、それを誰かに見てほしいと強烈に願っていた。僕はそんな人々を記録して残し、報道したいと思った。」p221
    正義感あふれる英雄気取りでなく、悩みつつ戦場ジャーナリストたろうとする青年の正直な悩みや恐れが等身大で描かれている。表面的な報道ではわからないことが...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年08月20日

    シリアは中東の方にある危ない国くらいしか知識がなかった。
    ジャーナリストと聞くとどうしてもあのイスラム国の事件が蘇ってくる。

    ジャーナリストである桜木さんの書いたこの本を読んで、色々知りたかった。
    銃で撃たれてもジャーナリストを続けている桜木さんのこの著書を。

    所々の漫画で柔らかくはなっているが...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年04月29日

    戦場カメラマンが語る、戦争の中に生きる人たちの姿。読みやすくて、途中の漫画も好きで、漫画に釣られて買ったけど、読んでよかった。

    死が身近すぎて、平和になることの難しさに息苦しくなる。やるせない。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年02月02日

    以前ハカセのトークイベントで知った桜木さん。
    その後クレイジージャーニーに出演したわけだけど、ホント強烈なキャラのジャーナリスト。漫画が混ざってちょっと軽いテイストに仕上がっているけど、小松さんの「人間の土地へ」とあわせてシリアについて考える。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

無料で読める ノンフィクション

ノンフィクション ランキング