警視庁特任捜査官グール 公安のエス
  • NEW

警視庁特任捜査官グール 公安のエス

作者名 :
通常価格 742円 (675円+税)
紙の本 [参考] 825円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

世界伝染病学会の臨時総会が東京で開催されることになり、複数の国際テロ組織が犯行予告声明を出す事態が発生。中でも注目されたのは、「三日月の剣」と呼ばれる新興のバイオテロ組織だった。通常の捜査の手が届かない巨悪に対し、超法規的手段で立ち向かう警察内非公式組織「互助会」は、公安外事二課と協力し、テロ部隊の事前壊滅に動き出す――。偽装殉職によって「死人」となった元警官たちが、通常の捜査では摘発できない巨悪を追い詰める! 大人気「互助会」シリーズ第2弾です。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
宝島社
掲載誌・レーベル
宝島社文庫
ページ数
320ページ
電子版発売日
2021年01月08日
紙の本の発売
2021年01月
サイズ(目安)
6MB

警視庁特任捜査官グール 公安のエス のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2021年01月11日

    鷹樹烏介『警視庁特任捜査官グール 公安のエス』宝島社文庫。

    『互助会』シリーズ第2弾。

    各国の諜報組織にテロ組織、国内の公安組織に、公安のS、警察の非合法組織『互助会』が入り乱れ、過激度が増すものの、ストーリーを追い難い作品になっている。もう少し単純明快な筋書きにして、大きな捻りを1つ入れるくら...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています