東京藝大 仏さま研究室

東京藝大 仏さま研究室

作者名 :
通常価格 693円 (630円+税)
紙の本 [参考] 748円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

2浪、3浪は当たり前、時には10浪以上の学生も……。パンダと桜で賑わう上野公園に隣接する東京藝術大学。通っている学生も教授も少し変わった人ばかり。そんな東京藝大で、仏像の保存について研究する通称「仏さま研究室」の修了課題は、なかなか過酷で学生泣かせだ。様々な思いを抱え、真心を込めながらも、「模刻」に悪戦苦闘する学生たちを描く、クスっと笑えてグっとくる青春ストーリー。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社文庫
ページ数
336ページ
電子版発売日
2020年12月04日
紙の本の発売
2020年10月
サイズ(目安)
1MB

東京藝大 仏さま研究室 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2022年03月11日

     東京藝大大学院の文化財保存修復彫刻研究室を舞台にした連作短編群像劇。プロローグとエピローグを別にして4章からなる。
     プロローグからしておもしろい。文化財保存修復彫刻研究室という舞台を「仏さま研究室」と呼称するだけでいかめしさが消え親しみやすくなる。
     構成もいい。プロローグから第1章までの主人公...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年11月26日

    二宮敦人著「最後の秘境東京藝大」を以前読んで、こちらも気になってました。

    「仏さま研究室」
    正しくは、「東京藝術大学大学院美術研究科・文化財保存学専攻保存修復彫刻研究室」
    まさか学生が仏像の修復に関わっているとは思ってなかったので、驚きました!

    研究室の四人の学生が「模彫」という難題に向き合いな...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年11月21日

     東京藝術大学仏様研究室の修士4人が各話の主人公として、1年次の冬から2年次の冬までの一つのストーリーが季節ごとに展開されていく。

     東京藝大、仏像修復という特殊性が特に目を引くが、本作は小説・物語としての完成度が素晴らしい。期待を遥かに上回る面白さに魅了された。

     個人的には2話目のシゲの話が...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年08月13日

     藝大に実在する研究室をモデルにしたフィクション

     去年、横浜そごう美術館で「スーパークローン展」という催しを観た。法隆寺の釈迦三尊像を3Dで計測し、当時の材料で鋳造し、実物大で再現、そして彫刻、彩色を施すというもの。果てしなく大変な労力を注ぎ込んで完成したそれは、単なるレプリカではなく、スーパー...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年07月28日

    卒研の作成の中で、登場人物4人の葛藤との向き合い方・成長を追体験できる小説。
    感動的で、卒研を経験したことのある人にとって学ぶことは違えど共感してしまう。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年04月04日

    藝大生に憧れる。東大より高い倍率。そこで学ぶ個性的で才能ある人々…。この本は東京藝大で仏像の保存について研究する「仏さま研究室」の修了課題・仏像の「模刻」に取り組む学生たちの物語だ。恋や家族との関係、劣等感、進路など様々な悩みを抱えつつ、向き合い乗り越えようとする姿が爽やか。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年01月25日

    仏像好きにはたまらない一冊。
    良い。本当に良い。色々勉強にもなるし、1人1人が成長していく様が美しい。もうあの頃に戻れないおじさんには胸が熱くなるね。

    20年以上前に本気で仏師を志した事を思い出した。ネットもままならない時代だったから、情報どころか応募の仕方も分からず諦めたな笑

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年01月27日

    東京藝術大学で仏像の保存の研究室で、苦闘する院生四人。修士号を取得するには、現存する仏像を選んで、そっくりの物を模刻しなければならない。寺や檀家の意向で3Dのデータをとらせてくれなかったり、木の使い方に苦労したり。

    非常に面白かった。何となく観ていた仏像の歴史、技法、造形。ノンフィクションかと思う...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年01月20日

    東京藝術大学大学院美術研究科文化財保存学専攻保存修復彫刻研究室
    別名「仏さま研究室」
    その修士課程2年生の4人の修了製作である模刻のエピソードを中心に、仏さま研究室というものが、また仏像の保存修復とはどのように行われるものなのか、そもそもの修復の対象である仏像とは、それを信仰する人にとってどんな意味...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年12月25日

    模刻するとは、製作当時の仏師の考えを知ることであり、素材を知ることでもあり、人々の関わりを知ることでもある。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

集英社文庫 の最新刊

無料で読める 小説

小説 ランキング