ゲームメカニクス大全 ボードゲームに学ぶ「おもしろさ」の仕掛け

ゲームメカニクス大全 ボードゲームに学ぶ「おもしろさ」の仕掛け

作者名 :
通常価格 4,378円 (3,980円+税)
獲得ポイント

21pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容


すべてのゲームデザイナー/プランナーのための、
「遊びのしくみ」184のヒント

古典的なカードゲームから現代のアプリ連携ゲームまで、
数多のボードゲームがどのようにデザインされているのか、
ゲームの「メカニクス」を徹底的に分解し、
知識体系を構築しようとした野心的な一冊。

・ゲームの構造 ・ターンオーダーとターン構造
・アクション ・解決 ・ゲーム終了と勝利
・不確実性 ・エコノミー ・オークション
・ワーカープレイスメント ・移動
・エリアコントロール ・セットコレクション
・カードメカニクス
といった章に分かれており、
ボードゲームデザイナーだけでなく、ビデオゲームなど
すべてのゲームデザイナー/プランナーにとって
どのページから読み始めても興味深い示唆に富んでいます。

名著『Building Blocks of Tabletop Game Design』の邦訳、ついに登場です!

ゲーム調査協力:すごろくや

※本電子書籍は同名出版物を底本として作成しました。記載内容は印刷出版当時のものです。
※印刷出版再現のため電子書籍としては不要な情報を含んでいる場合があります。
※印刷出版とは異なる表記・表現の場合があります。予めご了承ください。
※プレビューにてお手持ちの電子端末での表示状態をご確認の上、商品をお買い求めください。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
IT・コンピュータ / 言語・プログラミング
出版社
翔泳社
ページ数
608ページ
電子版発売日
2020年11月06日
紙の本の発売
2020年10月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
17MB

ゲームメカニクス大全 ボードゲームに学ぶ「おもしろさ」の仕掛け のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年11月21日

    ボードゲーマーならとにかく楽しい550ページ。
    カタンの初期開拓地配置のアレに「スネークドラフト」というスマートな語があるとか、地味に訳注でエンジンやエコノミーが定義されててなるほどと思った。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています