画鬼と娘 明治絵師素描

画鬼と娘 明治絵師素描

作者名 :
通常価格 638円 (580円+税)
紙の本 [参考] 682円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

日本のアートシーンが大きく変化した明治期に活動した三組の画家の親子の物語。巨匠河鍋暁斎とその画業を継いだ娘、暁翠の矜持(画鬼と娘)。早熟の天才、五姓田義松の苦悩と見守る父芳柳。洋画の技術と画材の研究に尽力した高橋由一と息子の源吉。世の中や市場の変化に翻弄されながら彼らが貫いた画業と、達した境地に迫らんとする歴史連作小説。美術鑑賞への意欲を喚起する、興奮に満ちた一冊。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社文庫
ページ数
320ページ
電子版発売日
2020年11月06日
紙の本の発売
2020年09月
サイズ(目安)
2MB

画鬼と娘 明治絵師素描 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2021年02月27日

    この年齢出身地ともに非公開、2018年月に戦列デビューの謎の作家「池寒魚」
    名前に惹かれて初めて読んだ。

    歴史は時間が経つにつれて謎を解かれる。
    戦争が入ると、勝ち組の言い分と負け組の言い分は全く扱われ方が違うのが世の常。

    長く続いた安定し平和な徳川の世が、外国からの船の圧力とともに、隣国の大国...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

集英社文庫 の最新刊

無料で読める 小説

小説 ランキング