日本を創った男~渋沢栄一 青き日々~ 3
  • 完結

日本を創った男~渋沢栄一 青き日々~ 3

704円 (税込)

3pt

3.0

1863年、英国公使館焼き討ち、下関事件、そして奇兵隊設立。尊王攘夷が高まる季節、それはまた新撰組など治安維持組織が躍進する時期でもあった。そんな緊迫した年“ある農民”が仲間とともに武装蜂起を始める。それは、この国の未来を案じわずか69人での命賭けの行動である。その男とは、後に「資本主義の父」と言われる渋沢栄一であった……。

...続きを読む

詳しい情報を見る

閲覧環境

  • 【閲覧できる環境】
  • ・ブックライブ for Windows PC(アプリ)
  • ・ブックライブ for iOS(アプリ)
  • ・ブックライブ for Android(アプリ)
  • ・ブックライブ PLUS for Android(アプリ)
  • ・ブラウザビューア

※アプリの閲覧環境は最新バージョンのものです。

日本を創った男~渋沢栄一 青き日々~ のシリーズ作品

いまだけ1冊無料

全7巻配信中 1巻へ 最新刊へ
1~7件目 / 7件
  • 日本を創った男~渋沢栄一 青き日々~ 1
    期間限定無料版あり
    704円 (税込)
    352円 (税込) 8月1日まで
    幕末・明治を生き抜き、日本を近代国家に導いた資本主義の父・渋沢栄一。その知られざる、若かりし姿が描かれる。現在のみずほ銀行、三井住友銀行、JR東日本、キリンビール、サッポロビール、東京証券取引所、日本赤十字、日本郵船、川崎重工、清水建設、東京ガス、帝国ホテル、そして日本銀行、これらの礎となる481社もの企業を設立し、近代日本を築いた偉人! 令和新時代の今だからこそ知っておくべき日本No.1重要人物。農民から伝説の男へ。最強成り上がり歴史伝、開幕!
  • 日本を創った男~渋沢栄一 青き日々~ 2
    完結
    704円 (税込)
    今から160年ほど前にこの国に起きた未曾有の危機。欧州列強に不平等条約を結ばされ、江戸人口のおよそ7人に1人が死んだといわれる疫病・コロリが大流行。経済は傾き、人々は倒れる。そんな憂国にあって“ある農民”が立ち上がった。男は、長州志士や水戸浪士たちと繋がり攘夷運動に身を投じ奔走する!! その男とは後に、「資本主義の父」と言われる渋沢栄一であった…。
  • 日本を創った男~渋沢栄一 青き日々~ 3
    完結
    704円 (税込)
    1863年、英国公使館焼き討ち、下関事件、そして奇兵隊設立。尊王攘夷が高まる季節、それはまた新撰組など治安維持組織が躍進する時期でもあった。そんな緊迫した年“ある農民”が仲間とともに武装蜂起を始める。それは、この国の未来を案じわずか69人での命賭けの行動である。その男とは、後に「資本主義の父」と言われる渋沢栄一であった……。
  • 日本を創った男~渋沢栄一 青き日々~ 4
    完結
    704円 (税込)
    武装蜂起を諦め京に潜伏する渋沢栄一は「新撰組」に命を狙われる。身の危険が迫り、窮地に陥る中、栄一がくだした決断とは…! そして、後に“新旧1万円札”となる福澤諭吉との出会い。さらには、江戸幕府最後の将軍となるあの男との奇跡の邂逅!! 栄一の運命は……!?
  • 日本を創った男~渋沢栄一 青き日々~ 5
    完結
    704円 (税込)
    疫病、インフレ、政争、内戦…危機に瀕した日本を、列強は今にも喰い尽くそうとしていた。そんな折、芸術の国・フランスにある一行が辿り着く。それは幕末日本からやってきた渋沢栄一たちだった。日本の未来のために今、渋沢の戦いが始まる。そして最後の将軍、慶喜との約束。知られざる幕末が火蓋をきる!
  • 日本を創った男~渋沢栄一 青き日々~ 6
    完結
    660円 (税込)
    260年もの江戸時代が終わりを告げ、明治時代が幕を開けた。旧幕臣・渋沢栄一は単身、明治政府へと足を踏み入れる。そこは醜悪なる伏魔殿。大久保利通、西郷隆盛、権力を握る薩摩閥。日本の未来のために戦え。激動の明治新政府編、開幕!
  • 日本を創った男~渋沢栄一 青き日々~ 7
    完結
    770円 (税込)
    2024年新1万円札の顔!渋沢栄一物語、堂々完結! 最終章! 渋沢栄一実業家編、開幕!戦争と日本。経済と未来。「近代日本の父」と呼ばれる、そのゆえんをお見せしましょう!

※期間限定無料版、予約作品はカートに入りません

日本を創った男~渋沢栄一 青き日々~ 3 のユーザーレビュー

\ レビュー投稿でポイントプレゼント / ※購入済みの作品が対象となります
レビューを書く

感情タグBEST3

    Posted by ブクログ

    「英国公使館焼き討ち」「下関事件」「八月十八日の政変」「天誅組の乱」。
    多くの事件を経験し、自分たちの力が足りないことを知った長七郎。栄一たちの決起を止めに、故郷へと戻ります。
    長七郎の言葉を受け、武装蜂起を諦める若き栄一。彼は混迷の京都へ、出向きます。
    この先「天狗党の乱」「池田屋事件」「禁門の変

    0
    2021年10月04日

日本を創った男~渋沢栄一 青き日々~ 3 の詳細情報

閲覧環境

  • 【閲覧できる環境】
  • ・ブックライブ for Windows PC(アプリ)
  • ・ブックライブ for iOS(アプリ)
  • ・ブックライブ for Android(アプリ)
  • ・ブックライブ PLUS for Android(アプリ)
  • ・ブラウザビューア

※アプリの閲覧環境は最新バージョンのものです。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

ヤングチャンピオン の最新刊

無料で読める 青年マンガ

青年マンガ ランキング

星野泰視 のこれもおすすめ

日本を創った男~渋沢栄一 青き日々~ に関連する特集・キャンペーン

同じジャンルの本を探す