知価革命 工業社会が終わる 知価社会が始まる

知価革命 工業社会が終わる 知価社会が始まる

作者名 :
通常価格 569円 (518円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

世界と日本の「次なる社会」を大胆に予測し、日本中に衝撃を与えた話題の書。本書は「脱工業化社会」の仕組みと実像を探り明かし大きな脚光を浴びたが、事実、世界は著者が提示した「知価社会」に向けて大きく動き出している。「知価社会」とはいかなる社会なのか。これまでの工業社会のパラダイムとはどう違うのか。――現代の巨大な転換点と、その将来の方向性を見定めるための必読の書。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
社会・政治 / 社会学
出版社
PHP研究所
掲載誌・レーベル
PHP文庫
ページ数
336ページ
電子版発売日
2020年09月25日
サイズ(目安)
4MB

知価革命 工業社会が終わる 知価社会が始まる のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2013年02月27日

    1985年当時、ベストセラーになった本です。

    「知価社会」「やさしい情知」という概念がとてもおもしろかったです。

    「知価」とは知恵と価値を合わせた造語で、知恵に値段が付き、それが消費されていく社会を「知価社会」と言っています。

    例えば、工業化社会での鉄の価値は、需要と供給のバランスによりその値...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年12月30日

    30年近く前に書かれた内容ですが、今でも読む価値はあります。
    これからの社会を予測するのに役立ちます。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています