新版 「生きるに値しない命」とは誰のことか ナチス安楽死思想の原典からの考察

新版 「生きるに値しない命」とは誰のことか ナチス安楽死思想の原典からの考察

作者名 :
通常価格 1,760円 (1,600円+税)
獲得ポイント

8pt

-
    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

相模原の障碍者施設殺傷事件、安楽死論争、パンデミック・トリアージ――近年、様々な場面で「生きるに値しない命」という言葉を耳にするようになった。しかし、「役に立つ/立たない」ということだけで、命を選別してよいのだろうか。
 一〇〇年前のドイツで出版され、ナチスT4作戦の理論的根拠になったといわれる刑法学者カール・ビンディングと精神医学者アルフレート・ホッヘによる『「生きるに値しない命」を終わらせる行為の解禁』の全訳に解説と批判的考察を加え、超高齢社会の「生」と「死」を考える。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
社会・政治 / 福祉
出版社
中央公論新社
掲載誌・レーベル
中公選書
ページ数
240ページ
電子版発売日
2020年09月11日
紙の本の発売
2020年09月
サイズ(目安)
4MB

新版 「生きるに値しない命」とは誰のことか ナチス安楽死思想の原典からの考察 のユーザーレビュー

レビューがありません。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています