シンギュラリティ・コンクェスト 女神の誓約

シンギュラリティ・コンクェスト 女神の誓約

作者名 :
通常価格 770円 (700円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

二〇三〇年代、宇宙と地球の夜空は濃青から紫へと変貌を遂げた。
その事象は「全天紫外可視光輻射現象」と呼ばれ、人々は不安と狂騒にかられていく。
研究の結果、脅威が明確になり、各国協力の下、地球軌道上にある基地「エデン」で人工知能を開発し、対応させることに決定した。
そこに突然やってきた戦闘機。防衛網をくぐり抜け、基地に乗り込んできた美少女の正体は…。
第11回日本SF新人賞受賞作。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
SF・ファンタジー / SF(国内)
出版社
徳間書店
掲載誌・レーベル
徳間文庫
ページ数
565ページ
電子版発売日
2020年09月11日
サイズ(目安)
2MB

シンギュラリティ・コンクェスト 女神の誓約 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2011年12月03日

    引用があったり、人工知能のことがいろいろ小難しく書いてあったりと理解しにくいところはありましたが、全体と通して天夢がかわいくてよかったです^^ 表紙絵以外に挿絵がないので、もうちょっと欲しいところです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年02月19日

    オビの冲方丁氏応援!という言葉に惹かれて購入したが面白かった。人工知能が発展していき、人間の知能を超える時人々はどのようにしてそれに立ち向かっていくかを描いてあり、その内容を神話になぞらえていて面白い。天岩戸とかよく出来てる。ただ冗長な部分が多かったかなと思う。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年01月15日

    物語の導入部分、第一章を終わるくらいまでは手こずった。ですが、主人公である天夢のキャラクターが掴めてしまえばあとは楽しく読み進めることができました。
    自己進化型のコンピュータの出現により、いずれ技術の発展が人類の手から離れてしまうというテーマは、かなりリアルにものとして感じられました。SF的誇張はあ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年09月20日

     第11回日本SF新人賞の受賞作です。東大大学院理系出身とあって、いきなり読みづらい書き出しでプレッシャーを与えていただきましたが、本文の大半は、ラノベです。まったく肩もこらずにスコーンと読めてしまいます。 人工知能が人間の知能を超えたらそのとき人は幸福なのかどうか?というハードなテーマですが、2種...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2011年07月13日

    私はAMATERASは支持できないな、と思う。
    どう考えても危険すぎる。賭けにしてももう少し勝ちが見える賭けをしたい。

    MESSIAHとの共存が一番いいと感じるけど、この世界の状況だと抑制したままの彼では遅すぎるか…。

    演算資源さえ確保できればMESSIAHはあらゆる可能性を考慮できる、ならば瑣...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

徳間文庫 の最新刊

無料で読める SF・ファンタジー

SF・ファンタジー ランキング