花燭の白: 2【電子限定描き下ろしマンガ付き】
  • 最新刊

花燭の白: 2【電子限定描き下ろしマンガ付き】

作者名 :
通常価格 550円 (500円+税)
紙の本 [参考] 682円 (税込)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

「鬼を殺す鬼」。そんな鬼・沈の花嫁となった白梅は、かつて恐ろしい事件に巻き込まれ、彼との取引の末に「花燭」となっていた。そんな白梅を心配し、寄り添う新聞記者の木曽は、自分も強く白梅を思っていることを沈に伝え、ライバルとして名乗り出る。一方、白梅の不思議な魅力と力に、違和感を持つ者が現れる。

カテゴリ
少女・女性マンガ
ジャンル
女性マンガ
出版社
一迅社
掲載誌・レーベル
Comic ZERO-SUM
電子版発売日
2021年02月25日
紙の本の発売
2021年02月
サイズ(目安)
114MB

新刊オート購入

花燭の白: 2【電子限定描き下ろしマンガ付き】 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません
    ネタバレ購入済み

    続きが楽しみ

    モルガナ 2021年02月26日

    初期に比べて可愛くなった白梅(一話のときはあまり可愛くないと思いました。すみません)や一般人目線で豊かな表情を見せてくれる木曽が面白いです。
    1巻では出番が少なめだった沈も2巻では出番が多めで、無邪気な笑顔を浮かべたり、白梅に近付く木曽に明らかに嫉妬した様子を見せたり、古い知己に怒ったり、結構感情...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

花燭の白 のシリーズ作品 1~2巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~2件目 / 2件
  • 花燭の白: 1【電子限定描き下ろしマンガ付き】
    死んだ人が、ある日突然黄泉帰る、謎の病気『枯死病』。新聞記者の木曽は、この奇妙な病の取材をしていた最中、異形の鬼に襲われてしまう。彼を救ったのは、偶然出会った少女だった…。なぜか、強くその少女に惹かれる木曽だが、少女は自らを『鬼の花燭』だと告げてきて――?
  • 花燭の白: 2【電子限定描き下ろしマンガ付き】
    「鬼を殺す鬼」。そんな鬼・沈の花嫁となった白梅は、かつて恐ろしい事件に巻き込まれ、彼との取引の末に「花燭」となっていた。そんな白梅を心配し、寄り添う新聞記者の木曽は、自分も強く白梅を思っていることを沈に伝え、ライバルとして名乗り出る。一方、白梅の不思議な魅力と力に、違和感を持つ者が現れる。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています