AIとカラー化した写真でよみがえる戦前・戦争

AIとカラー化した写真でよみがえる戦前・戦争

作者名 :
通常価格 1,650円 (1,500円+税)
獲得ポイント

8pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

※こちらの作品はファイルサイズが大きいため、Wi-Fi環境でのダウンロードを推奨いたします

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

【『この世界の片隅に』片渕須直監督 推薦】東大教授×現役東大生のユニットが戦前から戦後の貴重な白黒写真約350枚を最新のAI技術と、当事者との対話や資料、SNSでの時代考証などをもとに人の手で彩色。戦前の平和な日常と忍び寄る不穏な影。真珠湾攻撃、硫黄島の戦い、沖縄戦、度重なる空襲、広島・長崎の原爆。そして終戦し、残ったのは破壊の跡と復興への光――。カラー化により当時の暮らしがふたたび息づく。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
学術・語学 / 教育
出版社
光文社
掲載誌・レーベル
光文社新書
電子版発売日
2020年07月24日
紙の本の発売
2020年07月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
167MB

AIとカラー化した写真でよみがえる戦前・戦争 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年07月19日

    第二次世界大戦(太平洋戦争)の写真は,殆どが白黒で,本書でも書かれているように,凍りついたように見えることがあります.カラー化することで,当時の様子がさらに見えてきます.子供に伝えたい一冊です.

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年07月17日

    本書は、AIを利用してカラー化した戦前・戦争期の、単なる写真集ではありません。広島で生まれ育った著者の庭田さん(現役の大学生)が戦争体験者の人々と対話し、その想いや記憶を、写真のカラー化を通して広く社会に伝えようという強い意志のこもった写真集です。カラー化された写真は白黒のものよりも強く、生き生きと...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年09月09日

    たまたまTwitterで流れてきた写真を見て、心を揺さぶられ、本が出版されたのを知り購入。

    カラー化されたことで一気に、【戦争の時代】が本当にあった現実の出来事なんだと認識させられた気がした。
    白黒写真だとどうしても、遠い遠い昔の、自分とは関係ない世界のことのようで。

    目を背けたくなるようなグロ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年09月06日

    カラー化されただけで、こんなに現実味を帯びて感じられるのですね。
    白黒写真だとどこか作り物のような、遠い時代の出来事のように感じていましたが、、

    そこには確かに人々の営みがあったのですね。

    自分と変わらない人たちが、戦争の辛い時代を生き抜いたこと。
    きちんと知ることだけでも意味があると思います。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年09月04日

     太平洋戦争と戦前。それは常に抑圧され、常に命の危機にされた時代というイメージがあった。時々見るテレビでその時代を生きていた人からは、”いや、そんなことはなかったよ”という話も聞くのだが、どうしても暗いイメージが否めなかった。技術の問題だったのか、目にする当時の写真、動画とも全部モノクロで、かつ画面...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年08月30日

    モノクロ写真は歴史、それがカラー化されただけで
    一気にリアルに感じられるんですよね。
    もちろん今見ても
    「一昔前の何処かのアジア諸国の写真かなあ?」的な風景もありますが
    70年以上前の風景で現在の我々とは社会、生活が違いすぎる。
    それでもやっぱり我々の昔の風景なんだとしっかり思える。

    はじめにある...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    「色」と記憶の関係

    クロ 2020年08月17日

    庭田さんのあとがきにあるエピソードを読み、「色」と記憶の抜き差しならない関係性を感じさせられる。当人が思ってもいなかったような記憶が「色」によって呼び覚まされる。思い込んできたことや、記憶からこぼれていたものが。科学技術の発展によって75年前の記憶が蘇ると同時に、その時を経験していない我々へ訴えかけ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年08月11日

    この本は面白い❗️確かに白黒では昔のことという心理的スキーマが働くところを、カラー化によって今と陸続きの現実にするという試みは本書をみる限り素晴らしく的を得ている。AIを駆使するだけでなく丁寧に当事者にインタビューして記憶から色を辿るアプローチも好感しかない。驚くべきは著者の一人の庭田杏珠さんは広島...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年07月10日

    戦前〜戦中〜戦後かけて、モノクロ写真に映し出された市井の人々の生活を、現在のAI技術を用いて彩色した写真の数々。

    過去の資料や証言と最新技術によりリアルに彩色された写真は、教科書で見たようなモノクロ写真よりも人物や風景が立ち上がって来る。それは、現在から切り離された過去ではなく、今と地続きの日々な...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています