一門 “冴えん師匠”がなぜ強い棋士を育てられたのか?

一門 “冴えん師匠”がなぜ強い棋士を育てられたのか?

作者名 :
通常価格 1,320円 (1,200円+税)
紙の本 [参考] 1,760円 (税込)
獲得ポイント

6pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

自らは「さえん(=冴えない)棋士」であったにもかかわらず、強い棋士たちを育て上げた男がいた。

将棋棋士・森信雄。彼は夭逝の棋士・村山聖だけでなく、棋界最多のプロ棋士を育て上げた。
「森先生が師匠で良かった」と弟子たちは語る。
“さえん師匠”がなぜこれほどの強い弟子を育てられたのか。
何十年にもわたる師匠と弟子の切なくも眩しい、迫真のノンフィクション。

羽生善治九段が語る師弟論も特別収載。

(目次)
第1章 “さえん棋士”の誕生
棋士を目指す
大阪へ

第2章 聖が残したもの
どん底で出合った湖― 増田裕司
破門されかけた唯一の弟子―山崎隆之
遅咲きの末に辿り着いた境地― 安用寺孝功
「おかみさん」誕生
強い棋士はなぜ優しくなれるのか―片上大輔
“怪物くん”の頭脳―糸谷哲郎
兄の死

第3章 泣いたあの日のこと
異能の少年棋士から一門へ―澤田真吾
転機となった羽生善治との戦い―大石直嗣
「けっこう命がけで将棋をしている」―室谷由紀
超合理主義者の師匠愛―千田翔太
唯一夢中になれた道を―竹内雄悟
10年かけて、夢が叶わないことを知る―棋士になれなかった弟子
いつも静かに泣くことを覚えた―山口絵美菜
女流棋士の道を選ぶということ―石本さくら

第4章 最後の「負けました」
危機を救った師匠の「妙手」―西田拓也
森信雄、引退
一門の知恵を借りて―石川優太
教えるのは将棋だけではない

特別章  羽生善治が語る師弟論

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
ノンフィクション / ノンフィクション・ドキュメンタリー
出版社
朝日新聞出版
ページ数
264ページ
電子版発売日
2020年05月08日
紙の本の発売
2020年05月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
3MB

一門 “冴えん師匠”がなぜ強い棋士を育てられたのか? のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年07月10日

    「聖の青春」は私のオールタイムベスト3の一冊。
    森さんは、村山聖さんの人生の伴走者だった。
    「聖の青春」でも、森さんはプロとしては強い方ではないと言及されていたが、村山さんの後も何人もの弟子がいて、糸谷さん始め、高名な棋士も多い。
    それが門外漢からすると不思議だったが、いろいろ謎が解けた。
    著者の神...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています