死学のすすめ - 死はおそれるものではなく学ぶもの -

死学のすすめ - 死はおそれるものではなく学ぶもの -

作者名 :
通常価格 1,100円 (1,000円+税)
紙の本 [参考] 1,210円 (税込)
獲得ポイント

5pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

【ニコニコカドカワ祭り2021開催中】マンガ・書籍が50%OFF!人気作品がまるごと1巻無料で読める期間限定無料作品も要チェック★

作品内容

老いも病いも楽しめる
人生の後半に必要な操作は、許容、納得、断念、回帰

長生きすればすれほど、死は身近なものになる。死から目をそらすことなく、死を意識して生きてこそ、限りある生が輝く。
本書は、高齢者のための死学講座として、幼少の頃から死に向かう志向があったという著者の死生観をあますことなく紹介する。あらゆるものは貸し出されたものにすぎない。

自分に謙虚になることで、一生を振り返る
知覧一青年たちは何のために死んだか
マルクス・アウレリウスの『自省録』
死者が残すべきは「身軽くて温い記憶」
いい離婚は経験豊かな人にしかできない
晩年の義務は、記憶さえ押しつけがましくは残さないこと


【著者プロフィール】
曽野綾子 (その あやこ)
1931年、東京生まれ。聖心女子大学英文科卒業。
1979年、ローマ教皇庁よりヴァチカン有功十字勲章受章。
1993年、恩賜賞、日本藝術院賞受賞。
1997年、海外邦人宣教者活動援助後援会代表として吉川英治文化賞ならびに読売国際協力賞を受賞。
1998年、財界賞特別賞を受賞。
1995年12月から2005年6月まで日本財団会長を務める。日本藝術院会員。
2012年まで海外邦人宣教者活動援助後援会代表。
2009年10月から2013年6月まで日本郵政株式会社社外取締役。
著書に、『思い通りにいかないから人生は面白い』(三笠書房)、『夫の後始末』(講談社)、『長生きしたいわけではないけれど。』(ポプラ社)、ほか多数。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
学術・語学 / 哲学・宗教・心理
出版社
ワニブックス
ページ数
224ページ
電子版発売日
2020年04月10日
紙の本の発売
2020年03月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
3MB

死学のすすめ - 死はおそれるものではなく学ぶもの - のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2020年06月08日

    キリスト教をからめた
    生と死の問題について
    曽野先生はやはり 凛としたものを
    お持ちだと思います
    私はキリスト教者ではありませんが
    常に死を思う メメントモリ という
    警句は 非常に心近しいものを感じますので
    心に刻んで生きていきたいと思う本でした

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています