田村由美-生命の熱量-
  • 完結

田村由美-生命の熱量-

作者名 :
通常価格 2,420円 (2,200円+税)
紙の本 [参考] 2,860円 (税込)
獲得ポイント

12pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

情熱・スリル・興奮の短編集!

少女漫画界の革命児たちによる傑作短編アンソロジーシリーズ“Flower Comics Masterpieces(フラワーコミックス マスターピーシーズ)”の一編。
■命を燃やし、その生を駆け抜けていく人々。田村由美が生み出す物語は、いつも圧倒的な熱量を内包している。登場人物が絶望しているときでさえ、生命の輝きはけっして消えない炎のように燃え続ける。誰かのために、自分のために、挑み続ける彼らの姿は、読む者の心を震わせる。そんな田村由美作品の魅力が濃密に詰まった珠玉の1冊。
■雑誌発表当時のカラー扉をカラーで掲載。また、大人気連載のカラー扉を集めたカラーイラスト満載のギャラリーも収録!
■別冊付録『鼓動―The Battles of BASARA/7SEEDS―』
「BASARA」と「7SEEDS」。時台は異なれど同じ日本を舞台に“人間の闘い”を描いた両作を、田村由美語りおろしインタビューと多彩なカラーイラストで読み解く、マニアックストーリー&アートブック。

■収録作品「女神が落ちた日」「4人の女」「不幸作家と呼ばれたい」「彼女は誰を殺したか」「きねづかん」「踊る教室」ほか。

※こちらはデジタル配信専用商品です。

カテゴリ
少女・女性マンガ
ジャンル
女性マンガ
出版社
小学館
ページ数
456ページ
電子版発売日
2020年03月27日
紙の本の発売
2013年01月
サイズ(目安)
113MB

田村由美-生命の熱量- のユーザーレビュー

感情タグBEST3

    購入済み

    圧倒的な…

    yoshi 2020年04月03日

    生命の熱量、とは全作品に於いて言えることかも。
    何十時間、何百時間、彼女の作品の中で幸せな時を過ごさせて貰えたことか…

    学生時代、塾の教え子の持ってたBASARAを借り、大学のある駅に着いても学校へは行かずにホームで夕方まで読み耽ったことも。

    あれから20年以上経っても、作品は色褪せず...続きを読む

    1

    Posted by ブクログ 2013年02月12日

    すごく良かった。半分くらいは読んだことのある作品で、子供の頃から田村センセのお話やセリフに励まされた部分て少なからずあったよなーって。巴やBASARAみたいな長編だけじゃなく、短編もテーマや登場人物がたまらなくて、特に大好きな「踊る教室」がラストに収録されてたのが単純に嬉しかった。泣くのぐっとこらえ...続きを読む

    0

    Posted by ブクログ 2013年01月14日

    短編集だが、1つ1つの話が作者らしい味を出した作品。ほぼ全部の話で泣いてしまった(´;ω;`)7SEEDSとBASARAのカラー冊子がすごく嬉しかった!またBASARA読まなくちゃ!

    0
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2013年06月08日

    田村さんがこういう話が得意だなんて予想もしていなかったかな。
    7種、BASARA、巴を読んできたので、どうしても自分と周りが生き抜く為の話のイメージが強くて、常に周りに肯定されたり否定されても支えられたりしてるキャラを見ていたので、どこも救われない展開がある作品とかびっくりしました。
    でもまぁ同じ人...続きを読む

    0
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2013年01月10日

    値段高くてちょっと迷ったが購入。
    短編集の中の「きねづかん」「4人の女」がよかった。

    BASARA、7seedsに関しては、「復習」という感じのみ。
    なにか番外編のようなエピソードが入ってるのかと勘違いしてました。
    作者のインタビューは割とおもしろかったです。
    (7seedsのあの人とあの人の恋愛...続きを読む

    0

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

無料で読める 女性マンガ

女性マンガ ランキング