老いのトリセツ

老いのトリセツ

作者名 :
通常価格 1,320円 (1,200円+税)
獲得ポイント

6pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

人生百年時代の今、明るく豊かに年を重ねるにはどうすればいいのか?「老い」との上手な付き合い方を、83歳現役医師が軽妙なエピソードを交えて解き明かす!明日を生きる力を与える一冊!

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
エッセイ・紀行 / エッセイ
出版社
河出書房新社
ページ数
216ページ
電子版発売日
2020年02月28日
紙の本の発売
2019年11月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

老いのトリセツ のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2021年05月03日

    人の心も体もそれぞれ違うので、長生きして充実した日々を送る方の心構えを真似したところで同じようにはなれないけれど、気の持ちようは大事。人生の先輩の言葉はいろんなヒントを与えてくれると思う。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年03月11日

    高齢者の苦悩として、退屈、諦念、羨望、喪失、怒り、後悔、物忘れの7つを絶妙に組み合わせて過ごしていくべきだ とのお題目で、肩の凝らない話が連続する本だ.医師だが、ご高説を述べるというものではなく、穏やかに意見を開陳するというパターンは飲み込みやすいのかなと感じた.

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

無料で読める エッセイ・紀行

エッセイ・紀行 ランキング